주요 기사 바로가기

【コラム】中国人観光客、毎年3000万人呼び込むには…(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.12 13:34
0
もう1つの問題はケーブルカーだ。中国はどこへ行ってもケーブルカーがあり、黄山や泰山のような有名な場所には2~3本の路線がある。外国には20~30分乗って行きながら中間に駅まである長いケーブルカーでも退屈せぬよう見ることができる。唯一、韓国だけがケーブルカーは環境保護の敵だと見なされて、まともなケーブルカーがほとんどないといっても過言ではない。韓国国民はあまりにも登山が好きで、かなりの山はそのまま登るが、外国では海抜2000メートル近い場所なら歩いて登る意欲を出さない。ケーブルカーがなければ中国のように白頭山の頂上の真下まで道をつけてシャトルバスを運行したり、スイスのユングフラウのように山岳電車を運行したりもする。

統計資料を見ると、ケーブルカーとスキーリフトを合わせた総延長が韓国は133キロ、中国が1560キロ、日本は2353キロ、フランスが2901キロ、スイスが1750キロだ。そしてこれらの国にはケーブルカー駅を中心に海抜2000~3000メートルの高地に数多くの休憩施設がある。ほかの国々がみなやっていることを、韓国では何故してはいけないのか。そんなことをしなくても雇用は充分だということなのか。

最後は観光記念品だ。食べ物・宿泊・交通が観光産業の必須要素ならば、観光記念品や特産物は選択的なものだが、観光産業の付加価値を高める決定的要素だ。いつの間にか仁寺洞(インサドン)ですら観光記念品が中国産の低価品にみな変わっているが、全国のどこへ行っても同じ安モノ記念品で埋め尽くされていれば、中国人どころか韓国人も買いたい気になるわけがない。

可能ならば、その地域の材料で作った工芸作品レベルの高級記念品が出てくるべきで、その地域以外では買うことができないようにしなければならない。先進国の観光地では「もう少し回ってみて品質と値段を比較した後に買う」と迷っても、それはそこでしか買えないということを後で知って後悔するケースが多い。

韓国は美大、工芸科の卒業生があふれるほどいるのに芸術作品を売って生計を維持できる人はいくらもいない。このような人々の中から一部でも現地の材料で他の所では見られない独創的な記念品を作って売れば、韓国の観光が安モノ一辺倒から抜け出す時期を操り上げられるのではないだろうか。

朴炳元(パク・ビョンウォン)全国銀行連合会会長


【コラム】中国人観光客、毎年3000万人呼び込むには…(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP