주요 기사 바로가기

大画面を選んだiPhone6、サムスンの対応策は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.11 09:40
0
世界のIT業界でアップルは“革新のアイコン”だった。創業者のスティーブ・ジョブズは革新のない製品は魂のない生命体と同じだと主張した。そのためアップルでは競合会社の製品をまねるというのはタブーだった。そんなアップルが変身を宣言した。ジョブズを捨て敵が行く道を追いかけて行くことにした。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は9日、米カリフォルニア州クパチーノのフリントセンターで4.7インチ画面の「iPhone6」と5.5インチ画面の「iPhone6プラス」、スマートウォッチの「アップルウォッチ」を公開した。市場では歓呼と嘆きが交差した。サムスン電子が先行する市場をキャッチアップ戦略で攻略するという実用精神に対しては歓呼が出た。一方でジョブズの哲学が消えたという嘆きも大きかった。

アップルはサムスン電子が先取りした市場を狙う。サムスンは大画面スマートフォン市場で絶対強者だ。サムスンは昨年9月に「ギャラクシーギア」を発表しスマートウォッチ市場も開拓した。ここに普及型機器を掲げ追撃する中国企業などの攻勢もアップルには負担になる。アップルが新しい戦略と製品を持ち出したのはこうした市場環境のためだ。

アップルの変身はライバル企業には脅威だ。脅威は大きく3種類。まずアップルが自身を捨て敵の長所を取ったという点だ。iPhone6とiPhone6プラスに採用された大画面はジョブズが軽蔑した大きさだ。彼は生前に記者会見で画面サイズがiPhoneの3.5インチより大きいスマートフォンを置き、「だれも買わないだろう」と非難したことがある。しかしいまは大画面のスマートフォンが主力だ。実利を選んだアップルが果たして成功するのか関心が集中する理由だ。

2番目の脅威はアップルが新しい生態系を作っているという点だ。iPhone6とアップルウォッチは「アップルペイ」というモバイル決済機能を備えた。アンドロイドOSにだけあった近距離無線通信(NFC)を受け入れ発展させたのだ。

商店の端末の前でiPhone6やアップルウォッチを揺らせば決済できる。ここで生態系作りに長けているアップルの強みが発揮された。アップルはアメリカンエクスプレス、ビザ、マスターなどクレジットカード会社、マクドナルド、ウォルグリーン、メイシーズなど小売業界の代表企業と提携した。消費者・カード会社・小売業界へとつながるモバイル決済生態系を構築したのだ。

3番目の脅威はアップルがいよいよジョブズの影から抜け出し新たな挑戦に乗り出したという点だ。スマートウォッチは2010年の「iPad」以降にアップルが初めて出した新製品で、“管理型CEO”として知られるクックのデビュー作だ。ニューヨークタイムズは、「ジョブズが成し遂げられなかった広範囲なことがクックのリーダーシップの下で広がっているという事実が重要だ」と報道した。

サムスンは対応策をまとめるのに忙しい。サムスン関係者は、「悪化する市場環境の中でも消費者が望む多様な需要に合うポートフォリオで対応するという戦略だ」と話す。戦列整備を終えたアップルは走り始め、追いかけてくる中国企業の追撃は激しい。いまやサムスンが革新をやりとげなければならない番だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP