주요 기사 바로가기

バスケットW杯に韓国協会の姿はなかった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.04 10:44
0
世界最大のバスケット祭りである2014国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)に出場した韓国男子バスケット代表が孤独に戦っている。スペイン本土から南に約1000キロ離れたラスパルマスのグラン・カナリア島で大会に出場している韓国代表は、相手ファンの熱狂的な応援の中で戦い、世界トップクラスとのレベル差を実感している。

韓国は3日現在、組別予選で3連敗中だ。連敗には理由がある。韓国バスケットを総括する大韓バスケットボール協会の姿が見えない。W杯を通じて得られるものは多いが、協会は他人事のように無関心だ。バスケットW杯で韓国は脇役だ。FIBAランキング31位の韓国は参加国のうち最も実力が劣る。行政力はなおさらだ。

バスケットW杯の現場で駆け回っている人はバン・ヨル・バスケットボール協会長(73)1人だけだ。協会の実務陣は現場に一人も来なかった。各分野のスタッフを総動員した他国とは比較にならない。

バン会長は今大会の選手団長代行も引き受けた。当初選手団長を務める予定だったイ・ギョンホ協会副会長(64)は個人の事情を理由に団長を辞退した。事業関連の個人的な日程のためだった。代表チームと韓国の取材陣を支援する人の中に協会の所属者は一人もいない。すべてプロバスケット団体である韓国バスケットボール連盟(KBL)から派遣されている。

他国と交流できる機会も生かせなかった。国際業務担当者が協会にいるが、大会には来なかった。協会は2月の組み合わせ抽選会にも1人も派遣しなかった。この行事に参加しなかった本大会出場国は韓国だけだ。

韓国は本大会24カ国のうち唯一、ユニフォームの上着にスポンサー企業のロゴが入っていない。協会を支援するメインスポンサーがないからだ。大会直前に強化試合をしなかった点には、海外の取材陣も疑問を抱いている。韓国代表は7月31日にニュージーランドと親善試合を行って以来、他国との試合を一度もせずW杯に入った。豪州のある記者は「W杯出場チームが1カ月前に最終戦をしたというのは理解できない」と述べた。テレビの生中継がないため国内のファンから不満の声があふれたが、協会は動かなかった。

韓国男子バスケットは昨年、アジア選手権3位に入賞し、16年ぶりにW杯出場権を獲得した。低い国際競争力と人気の低下で沈滞期を送った韓国バスケットが再起する契機になると期待された。

しかし協会の近視眼的な代表チーム運営と行政の空回りは相変わらずだった。5月にはプロバスケットSK所属のアラン・ヘインズ(33、米国)の帰化を推進したが、3年連続で該当国家に持続的に居住しなければならないという帰化規定を後に知り、撤回するという事態があった。韓国男子バスケット代表はW杯を終えた後、19日に開幕する仁川アジア競技大会の準備に入る。韓国の目標は金メダルだ。しかし問題の多い協会が代表チームの戦力を落とさないか不安でならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP