주요 기사 바로가기

「慰安婦問題は早期に解決すべき…正義を実現する時間がない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.21 08:32
0
米戦略国際問題研究所(CSIS)のジョン・ハムレ(John J.Hamre)所長(64)は「日本が安保問題でさらに積極的なパートナーになることを支持するが、これは未来のためであり、過去のためではない」と述べた。「日本が地域内の安保で役割を拡大することは必要だが、それが歴史を再解釈するところから始まったとすれば適切でない」ということだ。

ハムレ所長は6日、ワシントンのCSISで朴振(パク・ジン)元国会外交通商統一委員長と行ったインタビューで、「最近、安倍政権が平和憲法の解釈を変更し、集団的自衛権を導入したことに対し、韓国では心配が多い」という言葉に対し、このように明らかにした。ハムレ所長は日本軍慰安婦問題については「何よりも被害者である元慰安婦女性が老齢化し、正義を実現する時間がほとんどない」とし「早期に解決策が用意されることが非常に重要だ」と強調した。以下は一問一答。

--アジアでの米国と中国の関係をどう見るか。

「第2次世界大戦と韓国戦争(朝鮮戦争)後、米国はアジア地域で最も強力な軍事的地位を持つことになった。したがって浮上する中国とすでに軍事的な地位を確保した米国の間に緊張が形成されるのは当然だと見ることができる。しかし中国が米国を排除してアジアを主導するのは米国が容認せず、米国が中国を封じ込めてアジアを運営するのも不可能だ。どちらの一方も相手を排斥する戦略を駆使することはできない。また中国がよくいう新型大国関係が、米中の両強大国がアジアの問題を決めようという趣旨なら、受け入れることはできない。アジアのすべての国が自らの未来を決めるべきだ」

--環太平洋経済連携協定(TPP)の場合、米国や日本などが主導している。中国を排除したままアジア・太平洋自由貿易体制は発展できるのか。

「一部の人はTPPを中国牽制用と見ているが、そうではない。米国は中国も参加することを望む。中国が透明な規則が守られる国際システムに加わって一緒に座り、外交的に問題を解くことを希望する。それがアジアが進んでいく方向だ」

--伝統的に韓日米の三角協力が北東アジアの安定を保障したが、最近は安倍政権の集団的自衛権導入などに対し韓国で心配が多い。

「正直、心配だ。米国は韓国・日本ともに強い同盟として維持する必要があるからだ。我々は日本が積極的な安保パートナーになることを支持する。しかし後ろ(過去)を眺めて安保で変化を推進すれば逆効果をもたらす。これは我々の立場でもない。安保の役割拡大が歴史を再解釈するところから始まったとすれば適切でない。米国はその歴史で苦い経験があるからだ。私の名前の真ん中に“ジュリアン”が入っているが、第2次世界大戦当時に沖縄で亡くなった叔父の名前から付けられたものだ」
「慰安婦問題は早期に解決すべき…正義を実現랂る時間がない」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「慰安婦問題は早期に解決すべき…正義を実現する時間がない」(1)

    2014.08.21 08:32
    뉴스 메뉴 보기
    ジョン・ハムレ米戦略国際問題研究所(CSIS)所長は「日本軍慰安婦問題は人権問題であるだけに、被害者が早く謝罪と補償を受けるべきだ」と述べた。
    TOP