주요 기사 바로가기

ソウル中心部で地下シンクホール5つを新たに発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.19 15:07
0
最近、シンクホールと超大型洞空が相次いで発見されたソウル松坡区石村洞(ソンパグ・ソクチョンドン)の石村地下車道から地下洞空5つが追加で発見された。これに伴い、同地域住民の安全に対する不安が大きくなっている。

ソウル市都市基盤施設のチョン・ソクヒョン本部長は18日、「今月16日、広域上水道管付近で長さ5.5メートルの洞空を発見したことに続き、現在まで合計5つの洞空を追加で確認した」と話した。新たに確認された洞空は地下車道の中間と入口部分で発見された。大学教授など専門家で構成されたソウル市調査団が追加洞空について調査した結果、最も規模が大きいもので長さ13メートル、深さ2.3メートル、幅4.3メートルに達していることが分かった。5階建物の大きさだ。また他の洞空は長さ5.5メートル、深さ3・4メートル、幅5.5メートルにもなる。残りの洞空3つについては、現在、正確な大きさを調査中だ。チョン本部長は「16日に発見された洞空は上水道管が近くにあるため、調査を終えた後に空洞部分の一部を埋める応急措置を実施した」と話した。

これに先立ち今月13日には石村地下車道の地下から長さ80メートル(幅5~8メートル、深さ4~5メートル)に達する巨大な洞空が発見された。5日に石村地下車道出口付近で発見されたシンクホール(幅2.5メートル×長さ8メートル×深さ5メートル)に対する原因調査の過程でのことだ。

 
追加洞空が発見されるにつれ、シンクホールについての原因調査および復旧期間はさらに長くなる見通しだ。ソウル市関係者は「石村地下車道の地下から洞空が散発的に分布していることが確認されたため追加調査を進めている」と話した。

市は原因調査のために石村地下車道の車両通行を完全に遮断している。現在、アスファルトに小さな穴を開けるボーリング調査を通じて別の洞空があるか確認作業を進めている。隣接する地下鉄9号線の工事現場である920工区と921工区ではそれぞれ6カ所、2カ所をボーリングしたが洞空は発見されなかった。

ソウル市は9号線の延長工事によって洞空が発生したとみている。施工者であるサムスン物産は石村地下車道の下で、シールド工法を用いてトンネル工事を行っているところだった。シールド工法は地面から土地を下に掘っていく掘削工法と違い、機械でトンネルを掘るものだ。

市は機械を使ってトンネルを掘る過程で、地下車道下の土砂がトンネル工事現場に巻き込まれながら落ちていったものとみている。サムスン物産関係者は「近隣住民の安全が最優先」としながら「正確で客観的な事故原因調査のために積極的に協力している」と話した。

ソウル市は地下車道付近の建物には現在まで問題点は発見されていないという立場だ。チョン本部長は「計測器等を通して確認した結果、安全問題などは発見されなかった」と話した。

しかし追加洞空の発見により住民の不安は大きくなっている。石村地下車道の近くでピザ店を経営する30代男性は「地下車道の通行が禁止されて客足が一気に減った」とし「来店する客は皆、不安を感じている」と話した。地下車道付近の建物では傾斜などを測定する計測器が設置されていた。長さ80メートルの巨大洞空が発見された場所の近くでオリニチプ(保育施設)を運営する60代女性は「本音ではオリニチプを別の場所に移したいがそうはできずさらに不安」と話した。地下車道の近くのワンルームマンションで会った50代女性は「洞空があるというニュースを聞いてからは心ここにあらずな感じ」と話した。

◆シンクホール(sink hole)と洞空=地表面の沖積層(砂・砂利)が地下水に流れて地盤が沈下しながら形成される穴をシンクホールという。洞空もこれと同じ原理で、地盤が沈下してできる。ただ表面は残っていてその下の部分が空洞状態であることを意味する。表面が落ちて洞空が表面に出たものがシンクホールだ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP