주요 기사 바로가기

【コラム】「複合骨折」の韓日関係(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.13 10:22
0
複合骨折は外交以外の他の分野にまで害を及ぼす。感染により傷がぶり返しやすくもある。日本有数の自動車会社の重役は「釜山(プサン)で作った部品を迅速に輸入して九州で車を作っている。今年の年末からは韓米自由貿易協定(FTA)の利点を活用するために米国輸出用自動車を釜山で製作する予定」としつつ、「しかし、韓国経済にも多いに役に立つこのようなことを日本国内に公開することができない」と話した。「広く知られればややもすると『韓国で作る車』という声(批判)が出てくるのではないかと心配だから」という理由であった。

どこから解決すべきだろうか。来年は光復(解放)70周年であり韓日国交正常化50周年だ。どちらに重きがおかれるだろうか。参加者は韓国では50周年より70周年にさらに意味があると予想した。両国政府が国交正常化50周年を公式に記念することに対しても否定的な予想が多かった。「50周年は期待しない方が良い。記念行事を準備する時間的余裕もない」(韓国の前職高位官僚)、「過剰な期待も落胆もやめて謙虚に市民レベルで迎えよう」(日本国会議員)と指摘した。

関係悪化の原因は複合的だろう。韓国が過去に比べて国力が大きくなり、日本は集団的自衛権行使に見られるように急速に普通国家化している。日本の「謝罪疲労症」も一役買っただろう。両国指導者が反日・反韓の世論に影響を受けたり逆に活用する側面もあるだろう。いっそ関係が今が最底辺ならばましだろうが、「底辺だと思ったのに地下室があった」ということになるのではと心配だ。韓日の懸案のうちには「解決対象」でない「管理対象」が多いということを両国のリーダーは認識しているだろうか。事案が複雑なほど虫の目(worm‘s-eye view、ミクロ視点)から抜け出して鳥の目(bird’s-eye view、マクロ視点)でも眺めることができる知恵が欲しい。

ノ・ジェヒョン中央ブックス代表
【コラム】「複合骨折」の韓日関係(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP