주요 기사 바로가기

【コラム】成長の目線、「中進国」に合わせるべき=韓国(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.08.05 14:41
0
崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済チームが内需不振を打開するために意欲的に出した発言の中で、最も関心を引くのは「一度も行ってみたことのない道」を行くという言葉だ。久しぶりに接するチャレンジ精神がうれしい。実際に韓国が「経済の奇跡」を作ったのは、人が行かない道に進んだからだった。1960年代後半、一貫製鉄所の建設を推進する時に世界銀行から「分不相応なこと」だとしながら融資を断わられたが、韓国政府はポスコという世界的企業を作り出して70年代の重化学産業化の礎にした。80年代の半導体投資も国内外に蔓延した悲観論を打ち破って成功したものだった。

一方で2000年代の韓国経済が誤ったのは、自ら前途を探すよりもほかの人々が作った教本に追従しようとしたことに大きな原因があったようだ。「グローバルスタンダード」に従うべきと構造調整をして家計負債をたくさん積み重ね、貯蓄率は米国よりもさらに低い「先進国型低成長経済」を作ることに「成功」した。

新しい経済チームが前人未踏の道を進むのは容易ではないだろう。先駆者の道は常に険しい。そのためには目標をしっかりと立てることが重要なようだ。筆者は経済チームが目標を単に「不況脱出」ではなく「持続的な中成長」とすることを薦めたい。

まず韓国は今、中進国に過ぎない。ところが経済成長率が先進国水準に落ちたためにさまざまな問題が広がっている。高度成長の時代はもう過ぎ去ったとしても、中進国水準に似合う中性長を成し遂げてこそ先進国との格差を減らすことができる。このためには比較対象を変えなければならない。現在、政府で最もよく比較している対象は経済協力開発機構(OECD)諸国だ。韓国がOECD加盟国で簡単に比較資料が出てくるためだったり、これまで先進国と比較してこそ先進国になれるという固定観念にとらわれていたりしたからだろう。

ところがOECDは先進国クラブだ。韓国が94年にかろうじて中進国の入り口に立ったが、先進国クラブに加入したのは分不相応なことだった。この基準に合わせると資本自由化をあまりに急激に行ったために97年の金融危機を迎えた面も大きい。韓国経済の成果をまともに評価するためには、韓国の水準に合うよう比較対象をとらえなければならない。

中成長は、OECDの平均で見た時には高成長だ。「OECD諸国中で最も高い成長の勢いを見せた」として自画自賛してはいけない。韓国が「中間子」の役割を自認しているG20諸国と比較することが望ましい。

(中央SUNDAY第386号)
【コラム】成長の目線、「中進国」に合わせるべき=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP