주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>兪炳彦の懸賞金5億ウォン、最初の申告者は受け取れるか?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.22 14:37
0
「兪炳彦(ユ・ビョンオン)の懸賞金」。

先月12日に発見された兪炳彦(ユ・ビョンオン)元セモグループ会長(73)と推定されいた遺体が22日、兪会長に間違いないと確認された。これに対し最初の申告者が5億ウォンの報奨金を受け取れるかに関心が集まっている。

22日、警察によれば先月12日に順天市(スンチョンシ)に住んでいるパク氏が自身の畑で、ひどく腐敗した変死体を見つけて申告した。以後警察は国科捜に変死体の身元確認を依頼する過程で、現象手配中の兪元会長のものだを確認した。

もともと検察・警察は5月25日に兪元会長に5億ウォン、長男テギュン氏に1億ウォンの懸賞金をかけていた。

順天警察署の関係者は22日「午前に記者会見で明らかにしたように、まだ決定されたことはない」と話した。検察関係者は「報奨金は対象者が生きている時に申告してこそ受けられるのではない」として「最初に申告する時の意図が重要だ」と説明した。最初の申告時に「兪炳彦と疑われる変死体だ」として申告したのか、でなければ「死体が発見された」と申告したかによって違うということだ。

この関係者は「警察に最初に申告した記録が残っているだろう。この過程で『ひょっとして兪炳彦かもしれない』という内容があれば検挙への貢献が認められて褒賞を受けられるが、そのまま単純変死体の申告だったら報奨金を受け取る可能性は低い」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓国旅客船沈没>兪炳彦の懸賞金5億ウォン、最初の申告者は受け取れるか?

    2014.07.22 14:37
    뉴스 메뉴 보기
    兪炳彦(ユ・ビョンオン)の手配用のポスター(左)、長男兪テギュンの手配用のポスター。
    TOP