주요 기사 바로가기

<ヘリ墜落事故>「ほぼ垂直に落下」…学校・マンション避けようと機首下げたか(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.18 09:18
0
チョン機長は組織のトップの長兄のような存在だったという。後輩の操縦士ユン・ギソン氏(41)は「若い隊員の苦労を指揮官に建議して、しばしば解決したりしていた」と話した。チョン機長は江原道春川市南山面(カンウォンド・チュンチョンシ・ナムサンミョン)で妻の父母と一緒に暮らしている。

シン消防校は特殊戦司令部の出身で、休日には主に小学生の子供たちとボランティア活動をしていた。イ消防士は9月に結婚を控えていた。彼は今年、江原道洪川(ホンチョン)の大学看護課に入学した。救助と看護業務を習得するだめだった。江原道は、殉職した5人を全員1階級特進させることにした。

ヘリはこの日セウォル号事故現場から戻る途中だった。14日から事故現場を巡回査察して不明者らを捜索した。この日8時47分ごろにも事故現場に向かう予定だったが気象悪化のためキャンセルした。ヘリは10時49分ごろ光州飛行場を離陸して4分後に墜落した。

事故原因としては、機体の異常や気象条件の悪化などが提起されている。管制を担当した空軍第1戦闘飛行団は離陸1分後の10時50分ごろ地上700フィート(210メートル)下に低空飛行するのを確認して機首を上げるよう指示した。ヘリは機首を上げてすぐに再び落下した。このため機体異常の可能性があるという。事故ヘリは7日に整備点検を受けていた。

この日午前11時前後に事故地域には1時間あたり3.5ミリの雨が降っていた。雷・稲妻や突風などは観測されなかったが、雲がはうように立ちこめていて視界確保が困難な状況だったと考えられる。




<ヘリ墜躗事故>「ほぼ垂直に落下」…学校・マンション避けようと機首下げたか(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP