주요 기사 바로가기

韓進重工業、日本からLNGバンカー船受注

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.04 15:57
0
韓進重工業は3日、日本のNYK(日本郵船)から液化天然ガス(LNG)のバンカー船2隻を1億ドルで受注したと明らかにした。この船は海上でほかの船舶にLNGを供給する役割をする特殊船だ。

これまでLNGの海上供給はバージ船などを利用してきたが、このように常時運用を目的にしたバンカー船を作るのは世界で初めてだ。この船舶には独立型LNGタンク2個が搭載され、一度に5000立方メートルのLNGを保存し、積み出すことができる。韓進重工業の関係者は「船舶についての環境規制が強化される中でLNGを燃料で使う船舶が増えているため、LNGバンカー船市場も共に成長する」としながら「バンカー船の受注は砕氷船、潜水艦支援船など特殊船の分野で確保した韓進重工業の競争力をさらに育てるきっかけになる」と話した。

一方、現代(ヒョンデ)商船はこの日、IMMコンソーシアムでLNG運送事業部門の売却代金として5000億ウォンを受け取ったと明らかにした。現代商船はこのうち1000億ウォンは新設LNG運送事業会社の現代LNG海運に出資し、残りは財務構造の改善に使うことにした。現代商船の関係者は「売却代金の流入で自救案の履行も加速化するだろう」と話した。現代グループは昨年末に3兆3000億ウォン規模の自救案を発表している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP