주요 기사 바로가기

“サランちゃんパパ”秋山成勲、UFC復帰戦が確定

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.26 17:12
0
「チュ・サランのパパ」で格闘家の秋山成勲(韓国名チュ・ソンフン、39)が2年7カ月ぶりにUFCの舞台に上がる。

26日、秋山側の関係者は韓国日刊スポーツに「秋山成勲が9月20日、日本の埼玉スーパーアリーナで開かれるUFC大会で復帰戦を持つ。相手は豪州国籍の選手だそうだ」と明らかにした。UFC側はまもなくこれを日本大会のリストと共に公式発表する予定だ。

秋山成勲は2012年2月に日本で開かれたUFC144ジェイク・シールズ戦以降、長い間の空白期を持って放送活動に専念してきた。特にKBS(韓国放送公社)第2テレビ『スーパーマンが帰ってきた』に娘のサラン、夫人のSHIHOらと一緒に出演して細やかな心配りの父親像を見せて人気を呼んでいる。

2002年アジア競技大会柔道金メダルリストである秋山成勲は2004年、K-1デビューして激闘家に転身した。以後2006年にはK-1HERO’Sライトヘビー級(マイナス85キロ)チャンピオンになり、2009年にはUFCに進出してこれまで5試合を行った。ビクトー・ベウフォート、ジェイク・シールズ、マイケル・ビスピンら階級内最高レベルの選手たちと名試合をつくってUFC首脳部からも信頼を得ている。

関係者は「秋山成勲がこれまで素振りを見せはしなかったが、長い間、膝十字靭帯破裂の負傷に苦しめられていた。本人も放送活動を楽しみながらもあくまで本業は格闘技だということをよく分かっている」として「娘に恥ずかしくない姿を見せるために意欲的に訓練に臨んでいる」と伝えた。

秋山成勲もやはり最近、韓国日刊スポーツとのインタビューで「もう数え年で40歳だ。それでも誰かが、私のリングに上がる姿を見て勇気や希望を持つのではないだろうか」として「つまらなく勝つよりは熱くKOされるほうがましだと思っている」と覚悟を明らかにした。彼は昨年12月『スーパーマン』の放送で「サランが弟(妹)を欲しがっている」という妻を「もうすぐ試合があるかも知れない」と言ってなだめていた。

40歳の年齢で再び血がはねる鉄杖の中に入る「親バカ」の挑戦が期待を集めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “サランちゃんパパ”秋山成勲、UFC復帰戦が確定

    2014.06.26 17:12
    뉴스 메뉴 보기
    秋山成勲(韓国名チュ・ソンフン、左)とチュ・サランちゃん。
    TOP