주요 기사 바로가기

「河野談話」継承すると言ったのに“おとしめる検証”…安倍首相、水面下の総監督(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.23 09:11
0
朝日新聞によれば、河野談話の検証チームが検証結果の公表を迷っていると、公表するよう誘導したのも安倍首相だったという。こうした過程を経て報告書が公表された後、談話発表の当事者である河野洋平・元官房長官を国会に呼び出すべきだという主張が相次いでいる。山田議員は「河野・元官房長官を参考人として国会に呼ぶべきだ」と主張した。これに対し安倍首相の最側近である萩生田光一・自民党総裁特別補佐官は22日、テレビに出演して「本人が発言したい考えがあるなら、国会に出てきて説明するように願う」と話した。萩生田氏は「慰安婦像を設置しようとする動きがある国には(検証報告書の)英文版を作って事実を説明すれば良いだろう」とも言った。

一方、河野・元官房長官は21日、ある講演会で「(慰安婦の募集が)強制的に行われたと見るのが当然だ」と話した。彼は「さまざまな(慰安婦の)募集形態があったが、施設(慰安所)に入れば軍の命令で仕事をし、戻ろうとしても戻れなかった」としてこのように明らかにした。

◆河野談話=1993年8月に当時の河野洋平・官房長官が日本軍による慰安婦の強制動員を認めた談話。「慰安婦の募集は軍の要請を受けた業者が主に引き受けたが、その場合にも甘言・強圧によるなど本人の意思に反して募集された事例が多く、さらに官憲などが直接これに対し加担したとことは明白だった」と明らかにした。また慰安所は軍当局の要請によって設置され、慰安所管理と慰安婦移送に日本軍が関与したとして、慰安婦被害者に謝罪と反省の気持ちを申し上げると述べた。




「河野談話」継뎏すると言ったのに“おとしめる検証”…安倍首相、水面下の総監督(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP