주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>韓国監督「守備的な組織ができていなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.23 08:05
0
韓国が23日、2014ブラジルワールドカップ(W杯)H組第2戦で、アルジェリアに2-4で敗れた。

1敗1分けでH組最下位となり、同組最強ベルギーとの最終戦で大差で勝ってこそ、決勝トーナメント進出への最後の望みを生かすことができる。

韓国は前半だけで3失点した。後半4分に孫弘敏(ソン・フンミン)が韓国の最初のゴールを決め、後半27分には李根鎬(イ・グノ)が低いクロスを具滋哲(ク・ジャチョル)につないで2点目を奪った。しかし残りの時間、さらなる得点はなかった。

 
洪明甫(ホン・ミョンボ)監督は試合後、「前半、守備的な組織が全くできていなかった。そのために失点した。そこが一番惜しまれる」とし「ロシア戦に比べ集中力が落ちたが、それでも選手は立て直して後半は最善を尽くした。相手の戦術に積極的に対応できなかった」と述べた。

また「ハーフタイムには選手たちに対し、3ゴールを奪われた状況なのでもう少し攻撃的に挑戦するよう伝えた」とし「残りの期間、回復して最善を尽くしたい」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP