주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>ワールドカップ熱気、最もホットな国は…日本1位、韓国は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.06.13 08:54
0
ソーシャルメディアでサッカーワールドカップ(W杯)熱気が最もホットな国は、日本とあらわれた。韓国は少し下の6位だった。

コンピューターソフト企業のアドビが230カ国および地域のW杯に対するソーシャルメンション(発言)6900万件余りを標本にしたアドビデジタルインデックスの結果を12日発表した。

アドビデジタルインデックスは、アドビマーケティング・クラウドソリューションの中の1つであるアドビソーシャルを通じて、ブログやフェイスブック、グーグルプラス、ツイッター、インスタグラム、フォースクエア、ユーチューブなど多様なソーシャルチャンネルのBuzz(バズ、口コミ)データを基礎に特定のテーマを調査する。

今回の調査ではW杯をテーマにした。これによればW杯について最も多くのソーシャルBuzzが発生したのはアジア太平洋であることが分かった。アジア太平洋地域はW杯関連のソーシャルBuzzの48%を発生させており、欧州・中東・アフリカ(32%)とアメリカ大陸(20%)がその後に続く。

ソーシャルメディア上でW杯の熱気が最もホットな国は日本だ。全体ワールドカップメンションのうちの37%が日本から出ている。その後を英国(11%)、ブラジル(9%)、ドイツ(8%)、米国(8%)が追っていて韓国は4%の占有率で6位だった。

この5月の1カ月間にソーシャルメディアで最も多く言及されたW杯参加選手はポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドで、150万件以上のメンションを受けた。次にはブラジルのネイマール・ダ・シルバが120万件、スペインのセルヒオ・ラモスが約100万件のメンションを受けて高い人気を証明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP