주요 기사 바로가기

「李駐日大使、話が通じる唯一のルート…強硬派の尹長官留任時は最悪のシナリオ」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.12 08:30
0
国内でも原則的には強硬基調を維持しながらも、その枠の中で柔軟に関係を固めることができる人物が必要だという指摘が出ている。北朝鮮の核問題解決のために日本の協力が必要な時期であるうえ、来年が古くからの課題を解決するのに適期である韓日国交正常化50年という点だ。

外交部が筆頭に挙げる候補は朴ジュン雨(パク・ジュンウ)青瓦台政務首席秘書官だ。日本課長(北東アジア第1課長)とアジア太平洋局長を務めた経験から日本をよく知り、青瓦台で朴大統領を1年以上補佐してきた。日本外務省と政界も“日本通”の朴ジュン雨氏を期待する声が多い。「人見知り」する日本の特性上、「顔なじみ」は大きな武器だ。ただ、セウォル号事故局面で青瓦台参謀陣が役割をきちんと遂行したかという問題提起が野党からあるかもしれないという点が変数だ。

秋圭昊(チュ・ギュホ)元駐英大使を任命する可能性もある。秋元大使も駐日公使参事官と駐日公使を務めた「ジャパンスクール」出身だ。李丙ギ候補の1年後輩で親しいため、李大使が構築しておいた日本ネットワークなども自然な形で続くという見方がある。

金英善(キム・ヨンソン)元インドネシア大使、申鳳吉(シン・ボンギル)外交安保研究所長、チョ喜庸(チョ・ヒヨン)元カナダ大使、李赫(イ・ヒョク)駐フィリピン大使の名前も挙がっている。

軍隊慰安婦問題など政治的な解決が必要な課題が多いという点で、重量級の政治家が抜てきされる可能性もある。韓日議員連盟会長を務めるセヌリ党の黄祐呂(ファン・ウヨ)元代表、元外交部次官補の沈允肇(シム・ユンジョ)セヌリ党議員が候補群に含まれている。
「李駐日大使、話が通じる唯一のルート…強硬派の尹長官留任時は最悪のシナリオ」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP