주요 기사 바로가기

【特別時論】朴大統領、さびしく自分だけの空間に閉じこもってはいけない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.06 14:17
0
青瓦台改造は、これまで見過ごされてきた。これからは3つの本格的論争が必要だ。最初は政府内の疎通だ。大統領はさびしく孤独なライオンとして自分だけの空間に閉じこもってはいけない。参謀陣や内閣はもちろん、さらには議会との緊密で激しい対話を受容できる、そんな空間の中で過ごすべきだ。2つ目は市民社会との感応性だ。青瓦台は、狭小な世論調査の報告書の伝達窓口に終わってはいけない。青瓦台という空間を通じて、大統領と参謀陣が社会の知的エネルギーと感応するべきだ。要するに、開かれた青瓦台だ。米国のホワイトハウスは、客間のような記者室がこうした役割を果たす。オバマ米大統領はこの客間を愛用している。最近は、いきなり記者室に立ち寄って新任の報道官を詳しく紹介した。

最後にスピード感だ。21世紀の目もくらむような時間の破壊と不確かな災難の時代の中で、迅速な報告と判断を保障できるように空間が設計されなければならない。空間を近づけるのはもちろん、情報技術(IT)システムも最大限に活用すべきだ。参謀が車に乗って大統領に会いに行くような構造は、まるで石器時代だ。

 
世の中は光の速度で変化している。セウォル号事故だけを見ても、高校生らのカカオトークの対話や動画が、事態の方向性を決定づけるほどに重要な役割を果たした。そうした時代に、参謀らと500メートルも離れた場所に大統領1人で宮中に座っているのは進化の反対側に向かっているようだ。

ビル・クリントン米大統領は1994年のキャンプ・デービッドでベンジャミン・バーバー教授ら当代の大学者らと共に融合・複合セミナーを開いたことがある。変化する世の中に追いつこうとする大統領の苦闘だ。韓国では、朴槿恵(パク・クネ)大統領が清南台(チョンナムデ)別荘で生態哲学や神経建築学・臨床心理学・非政府組織(NGO)学など多様な学者たちを招くことが可能だろうか。いや別荘討論会よりもまず先に事務室懇談会から必要だ。自身の部屋を開放し、参謀に近づいて、さらには共同会合の空間を合わせれば、それが変化のセミナーであり民心の勉強だ。

こうした進化のために大統領はまず石器時代の執務室から改造しなければならない。困難はない。大統領が決めれば良いのだから。本人がなじんでいる孤独の中にずっととどまっていれば、政権は民心とかけ離れかねない。これは大統領自身はもちろん、国家にとっても不幸なことだ。空間が意識を規定する。

非正常化の正常化を叫んでいながら大統領自身の空間を最も異常な状態にして置けば、自身の主張が説得力を持つことなどできようか。大統領は、さびしく孤独な獅子になってはいけない。

アン・ビョンジン慶熙(キョンヒ)サイバー大学教授(米国学)


【特別時論】朴大統領、さびしく自分だけの空間に閉じこもってはいけない(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP