주요 기사 바로가기

サムスン-アップル、広がる戦場…今度は音源ストリーミング(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.30 15:57
0
「音楽は非常に重要だ。私たちの心臓は音楽で満たされている」。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は28日(現地時間)、音源ストリーミング(リアルタイム再生)会社ビーツ・ミュージックと高級ヘッドホン製作会社ビーツ・エレクトロクスの買収を発表しながら、このように述べた。アップルは30億ドルを支払う予定だ。アップルのM&A(合併・買収)では最高額となる。

ビーツは2006年にヒップホップ歌手ドクター・ドレーと音楽プロデューサーのジミー・アイオヴィンが共同で創業した。「コンピューターと低質イヤホンから流れる音に耐えられなかった。それでは私たちが作った音楽をすべて伝えることはできなかった」(ジミー・アイオヴィン)という理由からだ。ビーツの高性能ヘッドホンは300-400ドルという高い価格にもかかわらず人気だ。韓国でも水泳選手の朴泰桓(パク・テファン)が競技前にこのヘッドホンで音楽を聴き、注目を浴びた。しかしアップルの関心はビーツが持つストリーミング事業に向かっている。

クック氏の発言は誇張でない。アップルをよみがえらせたのは音楽だ。2001年に携帯用音楽再生機器「iPod」を発売し、起死回生した。音楽市場はそれだけお金になるということだ。成功に酔いしれたアップルは失敗した。音源ダウンロードに集中し、ストリーミング市場を軽視した。ブルームバーグ通信は「昨年の世界ストリーミング産業の全体売上高は2010年に比べ3倍も増えた。全体音源市場でダウンロードが67%、ストリーミングが27%を占めているが、逆転は時間の問題」と分析した。フランス・イタリア・スウェーデンではストリーミングの比率がダウンロードより高い。現代証券のキム・チョルヨン研究員は「現在、韓国の音源市場全体でストリーミングが占める割合は70%と、今年1-3月期にダウンロードを超えた」と説明した。
サムスン-アップル、広がる戦場…今度は音源ストリーミング(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP