주요 기사 바로가기

日本、消費の絶壁…消費税引き上げの衝撃は1997年より大きい

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.30 13:27
0
日本の消費税引き上げの衝撃は1997年より大きかった。安倍晋三首相や日本銀行(BOJ)の黒田東彦総裁の想定外だった。

日本の経済産業省(METI)は「先月の小売り販売が前年同期に比べて4.4%減少の11兆110億円だった」と29日、発表した。これは前月(3月)の11%増加とは反対の状況だ。専門家の予想(3.2%減少)にも達することができなかった。2011年3月(8.3%減少)以降、3年1カ月月ぶりの最低水準だ。そのうえ前回の消費税引き上げが行われた97年より小売りがさらに減った。

当時、消費税引き上げ直後に小売りは3.8%ほど減少した。

ブルームバーグ通信は同日、「最近発表された民間統計によるデパートの売り上げは97年より衝撃は少ないものの、すべての小売店を調査した公式の統計は消費税引き上げの余波がより大きいことが分かった」と伝えた。実際、先月のデパート売り上げは前年同期より12%減った。97年の消費税引き上げ直後には14.7%減少していた。

ブルームバーグ通信は専門家の言葉を借りながら「時間が経過して消費は回復するだろうがその速度は速くはないだろう」と伝えた。消費税増税の余波で今年第2四半期の日本成長率は-5.9%まで落ちると予測された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP