주요 기사 바로가기

韓国銀行、「日本が円安でも輸出振るわない理由は…」

ⓒ 中央日報日本語版2014.05.13 14:50
0
韓国銀行が、日本銀行(BOJ)の無制限的な量的緩和政策で日本円の大きな通貨切下げにもかかわらず、日本の輸出が好転できずにいる理由について分析した。韓銀が13日に発表した「円安の輸出波及効果の制約要因分析」報告書によれば2013年の日本の輸出額(日本円基準)は前年よりも9.5%増えたが、輸出量は1.5%減少した。韓銀はその理由について、グローバル需要の不振、日本企業の収益重視戦略、円安持続に対する不確実性、新興国のキャッチアップ、日本経済と世界経済の連係性の弱体化など5つを挙げた。

韓銀は現在まで韓国輸出に対する円安の否定的影響が大きくないが、今後、日本円の切り下げ幅がより大きくなる場合、日本企業が単価引き下げに出ながら状況が変わる可能性があるだけに、あらかじめ備える必要があると指摘した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP