주요 기사 바로가기

【社説】韓国警察、セウォル号遺族を「尾行」とは…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.21 14:18
0
崔東海(チェ・ドンヘ)京畿警察庁長が旅客船「セウォル号」遺族尾行の件で謝罪した。崔庁長は安山檀園警察署が遺族の同意を求めず刑事を配置したことについて過ちを認めた。遺族は「不法査察だった」と強く反発している。今回の問題は、朴槿恵(パク・クネ)大統領が19日に涙を流して国民向け談話を発表した直後にあった。情報保安課所属の刑事2人が、安山から全羅南道珍島に向かったセウォル号の遺族一行を尾行し、摘発されたのだ。国政責任者が本格的に収拾に動いた日、警察は遺族の怒りを誘発する行為したのだ。

崔庁長は「家族が移動する途中、安全問題が発生する場合に備えて助けようとした。職員が瞬間的にうまく対処できなかった」と釈明した。こうした解明で疑問は消えない。刑事は身分を隠して遺族を尾行した。怪しいと思った遺族が尋ねると、「警察ではない」と嘘もついた。助けようとしたいうが、どのような助けかは明確でない。安全問題なら交通警察が行くはずだ。

捜査・情報機関は安保や犯罪取り締まりなど明白な目的がなければ民間人を内偵捜査できない。セウォル号の遺族の行動が犯罪や安保事案であるはずがない。韓国社会には「不法査察トラウマ」がある。長い独裁期間中、警察の査察によって多くの国民が肉体的・心理的な傷を負った。李明博(イ・ミョンバク)政権当時も首相室公職倫理支援官室が民間人を内偵捜査したことが明るみに出た。今回の警察の怪しい行動は、韓国社会に潜在する“傷”に触れた。

一部の市民団体と野党は「政権に対する批判の声が高まることを懸念し、計画的かつ組織的な査察をした」とし、警察を激しく非難した。警察は「単純な失敗」と釈明した。まだ「計画された組織的な査察」があったという証拠はない。情報を容易に収集するために尾行した誤った慣行が再発したとしても、批判を受けて当然だ。警察は旧態が繰り返されないよう徹底的に内部調査をし、紀綱を守る必要がある。
【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP