주요 기사 바로가기

韓国ウォン上昇率、主要40カ国の通貨でトップ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.07 10:58
0
対ドルでウォンの価値が主要40カ国の通貨で最も多く上昇したことがわかった。

先月1日に1058.5ウォンだった対ドルのウォン相場は4月末に1033.2ウォンと25ウォン以上のウォン高となった。上昇率は2.55%で、この期間に主要40カ国の通貨で最も高い上昇率を記録した。ブラジル・レアルが2.14%、コロンビア・ペソが1.97%、円が1.48%と続いた。

ウォンの価値を引き上げたのは大規模黒字を記録した経常収支だった。3月の経常黒字は73億5000万ドルで前月より63%増えた。25カ月連続で黒字となっている。4月の輸出も503億2000万ドルで27カ月にわたり貿易収支黒字を継続している。

 
ドル安もウォン高をあおった。IBK投資証券のユン・ヨンギョ研究員は、「米連邦準備制度理事会(FRB)が3月の連邦公開市場委員会でゼロ金利を当分維持すると明らかにした上に、欧州中央銀行と日本銀行が量的緩和を拡大しないことにしドルが下がる傾向を見せた」と説明した。

世界の主要投資銀行もウォン相場の見通しをウォン高方向に修正している。ブルームバーグの集計によると投資銀行24社の今年第4四半期の相場見通しは4月初めの1ドル=1060ウォンから4日現在では1045ウォンまでウォン高が進むと予想している。スタンダードチャータードは1025ウォン、JPモルガン・チェースは1020ウォンを提示し、1ドル=1030ウォンを超えると予想している。



関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP