주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>セウォル号、その悲しみと共に…寄付続々と

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.23 11:24
0
セウォル号沈没事故で悲しみにくれる遺族や不明者家族を支えるための寄付が続いている。

22日、愛の実社会福祉共同募金会を通じて俳優チャ・スンウォンとプロ野球ハンファイーグルス所属の金泰均(キム・テギュン)選手がそれぞれ1億ウォン(約1000万円)と5000万ウォンを寄付した。金選手は「青少年のために野球の夢の木教室を運営しているが、今回は青少年の被害がより大きくて胸が痛む」と伝えた。

大韓歯科医師協会も会員3万人余りから集めた寄付2億ウォンを共同募金会に渡した。歯科協会は「今回の事故で犠牲になった安山(アンサン)の檀園(ダンウォン)高校のナム・ユンチョル教師の父親が本会会員で、より一層深い哀悼の意を表わす」と明らかにした。プロサッカー浦項スティーラーズの黄善洪(ファン・ソンホン)監督と選手・役員も寄付3643万7000ウォンを共同募金会に渡した。

これに先立ち、メジャーリーガー柳賢振(リュ・ヒョンジン)選手と女優ハ・ジウォンも1億ウォンずつ寄付した。共同募金会は、受け取った寄付金をまず生存者の救護活動と現場に残る不明者家族の生活必需品の支援に使う計画だ。共同募金会は以後、遺族代表らと協議して被害者家族のサポートに寄付金を全額使う予定だと明らかにした。

この日、大韓赤十字社を通じて大韓キリスト教長老会の蚕室(チャムシル)教会も復活節の献金全額である1億7000万ウォンを寄付した。西江(ソガン)大法学専門大学院のワン・サンハン教授はユニセフ韓国委員会に1000万ウォンを寄付した。前日、ユニセフ国際親善大使として活動する「フィギュアクイーン」キム・ヨナもこの団体にセウォル号沈没事故被害者のためにと1億ウォンを寄付した。
【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓国旅客船沈没>セウォル号、その悲しみと共に…寄付続々と

    2014.04.23 11:24
    뉴스 메뉴 보기
    俳優チャ・スンウォン(左)とプロ野球選手の金泰均(キム・テギュン)
    TOP