주요 기사 바로가기

【コラム】“IT強国”韓国、水中後進国に転落(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.22 16:26
0
遭難信号を受けた近隣の管制センターはどのような非常措置を取ったのだろうか? セウォル号は87分間横になった状態で持ちこたえながら脱出機会を与えてくれていたが、若い生徒たちは船内放送を固く信じて船室で待機していた。ヘリコプターが飛んできて漁船が集まったにもかかわらず脱出命令は下されなかった。海洋警備艇、救助船、漁船、連絡船がわずか水深30メートル余り沈んだ船舶周辺を力なく漂っていた。セウォル号が沈没する60分の息詰まる光景が全国に生中継されただけだ。本当に韓国的な風景だった。

中央災害安全対策本部(以下、中対本部)はアマチュアだった。水中のエアポケットで延命していたかもしれない生命を救出する作戦は考えもしなかった。潮流が強いという貧素な言い訳が遺族と国民の心を黒焦げに焼いた。80余時間が過ぎてやっと客室に侵入するほどであった。

IT産業最強国は水中最後進国だった。救助関連機関と救助員が一箇所で混雑している現場はほとんど最低水準だったし、乗船客の名簿はもちろん救助された人員、死亡者、安否不明者の数字が交錯した。救助作戦の企画、命令伝達、結果報告、次の作戦実行、このような一連の過程がどのように進められているのか知るすべはなかった。客室に初めてたどり着いたのも民間ダイバーだった。

国民の安全をそのように強調した国家は世界万国に空しい中身を見せつけた。まさに韓国だった。

遺族が泣き叫んだ。救助状況をリアルタイムで知らせないので泣き叫ぶしかない。生きている命に何もできないから泣き叫ぶしかない。どれほどの気持ちだったから大統領が駆けつけたのだろう。沈没直前、セウォル号内部が放送1つで統制されていたのとは違い、中対本部現場に指揮所が準備された彭木(ペンモク)港は、駆せ参じた記者や遺族、救助隊、漁師、警察、政治家たちで混雑していた。一刻を争う生命をめぐってがやがやと騒いでいた国、それが韓国だった。

この地の大人が演出したあの下品な肖像が、自分たちと重なる瞬間、限りない罪悪感と限りない絶望感で頭を上げることはできない。すべての大人は頭を深く垂れよと命じられてもそうするから、本当にそうするから、だから生徒たちよ、どうかその暗くて寒い水の中で母親や友人、先生のことを考えて持ちこたえていてほしい。粘り強い生命を見せてほしい。

君たちだけではなく、その険しい孟骨水道はこの地を守ろうと倭軍と戦って水葬された先祖の魂で窮屈なところだ。君たちが遠い将来に埋められる土地は菜の花が見事な漢拏(ハルラ)でツツジが息吹く白頭(ペクトゥ)まで天地に広がっている。だから君たち、どうかじっと持ちこたえて「韓国人らしく行動すること」が何かを見せてほしい。われわれに、恥ずかしい大人に君たちが渇望する「Be Korean!」を見せてほしい。

宋虎根(ソン・ホグン)ソウル大教授
【コラム】“IT強国”韓国、水中後進国に転落(1)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP