주요 기사 바로가기

韓国、射程距離500キロ新型ミサイル開発の意味…北ミサイル90%消滅も可能(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.04.08 17:00
0
◆バンカーバスター搭載すればムスダンも破壊

これに対応するため射程距離1000キロの巡航ミサイルが開発された。しかし速度が遅い。韓国内でキャッチして発射すれば、北朝鮮の端まで行くのに40分かかる。北朝鮮ミサイルの発射前の破壊は難しい。可能にするなら北朝鮮にぴたっとついていなければならない。しかしこうした作戦を遂行できる潜水艦を韓国海軍は持っていない。これらすべては韓国がミサイル開発初期に技術導入のために結んだ韓米ミサイル協定のためだった。

ところが2012年に協定が改正されて弾頭1トン、射程距離500キロと弾頭500キログラム、射程距離800キロ級ミサイルの保有が可能になった。今回実験した弾頭1トンの500キロ級玄武-2改良型ミサイルが注目される理由は、キルチェーンの核心打撃手段になることができるためだ。北朝鮮が発射台を立てる時点で韓国がこれを識別→決断→対応ミサイル発射をすれば以後約10分以内に500キロ範囲のいかなる目標物でも破壊が可能だ。その全過程を40分以内に行うことができる。1トン級弾頭はそれだけ広い範囲を攻撃・破壊できてミサイル発射台の確実な破壊を約束する。現在把握された北朝鮮ミサイル部隊の位置は、中部地方を基準に300キロ以内に4~5基、400キロ以内に6~7基、550キロ以内に9~10基あって今回開発されたミサイルで90%以上の処理が可能だ。

軍関係者はまた「1トン級の貫通型弾頭(バンカーバスター)を装着する場合、坑道に隠れているミサイル発射台や強化サイロに入っているムスダンミサイルも破壊できる」として「さらに要塞化・地下化されている北朝鮮指揮部の深い坑道は破壊できなくても入口に致命的な打撃を与えることができる」。さらに遠くにいる指揮部を地下に閉じ込めておく能力が確保されたのだと話した。

ひいては2017年に800キロ級弾道弾が開発されれば北朝鮮の最北端の咸鏡北道の先まで精密打撃が可能になる。北朝鮮全域のミサイル発射台は隠れる場所がなくなるという意味だ。1個大隊に発射台が12基なので3~4個大隊を配置すれば現在の対北朝鮮ミサイル戦力の劣勢をある程度克服できる。

協定改正1年余りで韓国軍が新型ミサイルを開発して発射したのは、前例にないほど速いスピードだ。このように迅速な開発が可能な背景には、国防科学研究所(ADD)が長期間にわたり核心技術を蓄積してきたという点が挙げられる。現在実戦配置されている射程距離300キロ玄武-2自体がもともと500キロ級として開発されたが、協定を意識して射程距離を縮小したものだったためだ。ADDのある重鎮研究員は「朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領がADDを設立した時から開発すべき核心武器の1つとして弾道弾を挙げた」として「ADDは白熊(180キロ級)・玄武(260キロ級)・玄武-2等を開発しながら核心技術の確保のために努力していた」と話した。

800キロ射程距離の弾道弾ミサイルが開発されれば、韓国もICBMの敷居をまたぐという意味がある。玄武-2は高度100キロ、500キロ改良型は高度150キロまで上がる。ところで800キロ射程距離ミサイルは300キロまで上がる。ICBMの高度である1500キロには及ばないが、高高度の宇宙に到達する動力を得る。このように高さまで上げるには大気圏再突入という難しい技術が動員されなければならない。ADDに精通した別の関係者は「ADDは2000キロ級弾道弾まで開発できる技術を確保している」と話した。核心技術である▼高性能ロケットエンジン▼弾分離技術▼中級水準の再突入関連技術だ。この関係者は「10分余りを莫大な出力で飛行しなければならないので、高効率推進剤や高強度推進剤ケース、高強度ノズルなどが必要だが、これを確保している」と話した。

これを武器化するには衛星利用測位システム(GPS)程度では足りず、ICBMや原子力潜水艦に使われるHRG(Hemispherical Resonator Gyroscope)のような高精密核心誘導技術が必要だが、これも開発中だ。英国で玄武-1開発の時に購入した装備を改良し続けるやり方だ。

(中央SUNDAY第369号)
韓国、射程距離500キロ新型ミサイル開発の意味…北ミサイル90%消滅も可能(3)

【特集】北カメラ搭載無人機に揺れる韓国安保


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP