주요 기사 바로가기

【コラム】くさいものにはふたをする韓国人の性(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.03.30 12:30
0
すべての国にはタブーがある。韓国の場合はセックス、すなわち性がそうであるようだ。性に対する話や好奇心、公共の場所での“濃厚”と思われるスキンシップは韓国社会では禁止されるものとして扱われてきた。最近の10代は祖父母や両親が思うよりも早く性関係を経験している。誘惑的な映像があちこちにある。はなはだしくはセックスパートナーを探すアプリケーションまでできたという。ルームサロンはまたどうなのか。こうした場所の乱れたショーは有名だ。韓国のあちこちに時間制のラブホテルもあふれている。それでも性に対する話はタブー視される。こうした面は多くの外国人の目には二重的であり、一種の精神分裂的であり、理解し難い面だ。一言で言えば「やることはやりながらやっていないふり」ということだ。

韓国の現代大衆文化は性に対し非常に率直だ。一部女性アイドルグループのダンスは露骨で顔が赤くなるほどだ。それでも多くの韓国人は相変らず「知らないふり」をする。外国人の立場では並みの混乱ではない。成人ならば自由に性を享受するのは誤ったことではないのではないか。筆者はここで韓国人の性的生活や習慣・趣向を判断したり批判するのではない。人に被害を与えない限りしたいことをする自由がだれにでもある。ところがひとつ気になった点がある。

韓国社会で性が依然としてタブーの領域ならば、なぜ韓国は性をはばかることなく輸出しているのか。「性輸出」という言葉になじみが薄い方もいるだろう。しかし率直に尋ねたい。韓国の誇らしい輸出品である韓流文化の一部コンテンツは性的な刺激を武器としていないのかと。(中央SUNDAY第368号)
【コラム】くさいものにはふたをする韓国人の性(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP