주요 기사 바로가기

韓国社会の集団的観淫症を見せた性接待疑惑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.04.01 16:17
0
#登場人物:事業家、社会高位層、事業家の内縁の女、接待女性など。

#場所:江原道の豪華別荘

#ストーリー:企業が工事受注など利益のために有力人事を性接待したという疑惑

最近膨らんだ江原道建設会社の性接待疑惑事件は、警察の捜査よりも映画のストーリーのように展開している。 リュ・スンワン監督(40)監督はこの事件について、「映画よりも映画的な要素をたくさん含んでいる」と評価した。 リュ監督は自分の映画「不当取引」で、現職警察官と検事、検事スポンサー(企業関係者)が連続殺人事件を解決する過程で、お互いの利益のために裏取引をする内容を描いた。

リュ監督は「実際この事件を増幅させた主犯は私たちの社会に内在した歪曲した性意識」と述べた。 リュ監督は「韓国社会はすでに性的に開放されているが、道徳的・倫理的な問題を扱うときは相変わらず儒教的基準を用いる」とし「このように抑えられた欲求が性的に逸脱した主題(性接待)に会えば、さらに扇情的な方向に流れることになる」と分析した。

この事件に関する情報を収集してきた警察庁は、メディアが疑惑を提起してから4日後の先月18日、「内偵をしている」と明らかにした。 正式捜査段階ではないという点で異例だった。 扇情的な報道が競争的にあふれ始めた。 事件関係者の女性事業家K(52)、女子大生C、貸付業者Pのインタビューがそのまま放送され、新聞に掲載された。 この過程で疑惑の中心にいた金学義(キム・ハクウィ)元法務部次官は「事実かどうかに関係なく、公職の遂行は不可能だと考える」と述べ、先月21日に電撃辞退した。 一部では「覚せい剤を利用した幻覚パーティーと仮面をかぶった集団性関係があった」という確認されていない内容も提起された。

証券街情報誌の別名“チラシ”にも、もっともらしく加工・包装された建設会社のY(52)の“性接待リスト”が飛び交った。 捜査中の警察で確認された名前でないのに、いくつかのバージョンでリストが広まった。 この中には名前が誤って記載されたものもあり、名前と職責が合わないものもある。 しかし全く確認されていない噂はカカオトーク、ツイッターなどSNS(ソーシャルネットワークサービス)を中心に急速に広まり始めた。 このリストにある「○○○高位公職者、○○○国会議員、○○○病院長、○○○元警察庁長官」などは事実かどうかに関係なく、すでに世論の裁判を受けている。

延世大のリュ・ソクチュン社会学科教授(58)は「こうした現象は逸脱した性愛に対する韓国社会の集団的観淫症を赤裸々に見せている」と指摘した。 今回の事件の本質である「性接待の見返りおよび法律違反行為」自体より、「麻薬を利用した幻覚パーティー」「集団性行為」など刺激的な疑惑に社会的な関心が向かっているということだ。

関東大医大のキム・ヒョンス精神健康医学科教授(47)は「匿名性の下で行われる“人格殺人”が今回も目撃された」とし「これは自分が載せた情報が広がることを通じて、自分の影響力を確認したい権力心理とも関係がある」と分析した。

現在、警察が捜査中の「俳優パク・シフ強姦疑惑」の告訴女性は、ネットユーザー捜査隊の“個人情報暴き”で身分が明らかになった。 当初は芸能人志望者としてすべてのメディアが匿名で扱った。 しかしすぐにインターネット上には彼女の名前と写真、学歴までも出てきた。 この事件と関係がない彼女の知人の顔まで露出した。 さらに告訴女性はクラブで働いていたという確認されていない噂まで広まった。

“セックススキャンダル検事”事件と関連した被害女性の写真も無断でインターネットに載せられた。 被害女性は夫と子どもがいる家庭の主婦だった。 しかしインターネットとSNSを通じて無責任に扱われた。 このため写真の流出と関連し、検事5人に対して最近、懲戒が請求されたりもした。

忠南大のキム・ジェヨン言論情報学科教授(45)は「一部のメディアも注目を引く刺激的なインタビューと性接待の内容ばかり扱った」と指摘した。 キム教授は「犯罪報道はどの側面であれ扇情的な部分があるが、今回の事件はその重大さを勘案し、私たちの社会が犯罪容疑の糾明という本質に接近できるよう慎重な態度が必要だ」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP