주요 기사 바로가기

北、核弾頭の搭載可能なミサイル東海へ発射…日本の射程圏内(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.27 10:17
0
北朝鮮はノドン発射とともに対南非難も再開した。朴槿恵(パク・クネ)大統領に対し、「執権者」云々しながら誹謗した。これをめぐり、金正恩(キム・ジョンウン)政権が対南「対話」攻勢をやめるのではという観測が出ている。

金正恩第1書記は1月の「新年の辞」で、「南北関係改善のための雰囲気」を強調した。その後、北朝鮮は波状的に融和戦術に転換した。2月末の韓米合同軍事演習中にも金剛山(クムガンサン)離散家族再会を行った。南北高官協議に合意し、開城(ケソン)工業団地3通(通行・通信・通関)問題の解決にも積極的だった。

しかし今月に入り最高人民会議選挙(9日)など内部政治行事に重点を置き、南北関係の速度調節に入った雰囲気だ。朴大統領が4日、再会の定例化や書信交換など離散家族問題の解決を指示したことを受け、統一部が北朝鮮側に通知文を送ったが、まだいかなる反応もない。軽工業原材料借款償還要求も拒否し、韓国側当局との接触が中断した状況だ。

対南誹謗攻勢の再開は、韓日米首脳の6カ国協議首席代表協議推進合意を受け、対米交渉と6カ国協議に重点を置こうというものとも考えられる。北核を媒介とする対話再開の雰囲気の中、対南融和攻勢の需要は減るしかない。米中の圧力を受けて南北関係改善ジェスチャーを見せたが、今はこれを終える雰囲気だ。北朝鮮の次の行動は、朴大統領のドイツ訪問に対する平壌(ピョンヤン)の反応から見えてくるだろう。
北、核弾頭の搭載可能なミサイル東海へ発射…日本の射程圏内(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP