주요 기사 바로가기

ミサイル発射、観光開発計画…金正恩が故郷・元山にこだわる訳は?(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.19 10:04
0
◆「階級インフレ」解消=2009年金格植(キム・ギョクシク)第4軍団長が隊長(星4つ)から上将(星3つ)に降格されて始まった北朝鮮軍将軍の星はずしは、金正日の死去(2011年)以降、絶え間なく行われている。昨年は尹東玄(ユン・ドンヒョン)、ヨム・チョルソン、金寿吉(キム・スギル)など人民武力部所属幹部の階級降格が続いた。このうち尹東玄・人民武力部副部長は昨年4月に上将から中将に、昨年末には中将から小将にと1年間で星2つを失った。

特に最近では北朝鮮最精鋭軍団と呼ばれるチェ・ギョンソン第11軍団長が星1つを付けている場面が北朝鮮メディアにとらえられた。政府当局者は「チェ・ギョンソンは2010年9月の党代表者会で軍団長身分としては唯一、党中央軍事委員会委員に選出された金正恩時代の核心」と伝えた。チョン・ヒョンジュン東北アジア平和協力研究員は「金正日時代に先軍政治を繰り広げて軍部を優遇するレベルでインフレになった将軍の階級を正常化する過程のようだ」と説明した。

◆ミサイルショーは祝砲?=先月21日以降、北朝鮮は5回にかけて計39発のロケット弾やミサイルを発射した。ここにはKN-09と命名された300ミリ新型放射砲(多連装ロケット)や短距離ロケット(フロッグ)、短距離弾道ミサイル(スカッド)など新型や旧型武器が動員された。特に射程距離70キロメートル(フロッグ)、150キロメートル前後(KN-09)・500キロメートル(スカッド)のミサイルなどを通して多様な攻撃能力を誇示した。統一部当局者は「北朝鮮は最近作られた『全勝の祝砲で語れ』という歌をどんどん強調している」として「ミサイルや砲を動員した金正恩のイメージアップレベルの祝砲の性格でもある」と話した。
ミサイル発射、観光開発計画…金正恩が故郷・元山にこだわる訳は?(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP