주요 기사 바로가기

【コラム】韓国人気ドラマから学ぶ創造経済(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.06 15:41
0
2つ目、今こそ中国だ。ペ・ヨンジュンの韓流は日本版だったが、世の中が変わった。今回は中国で先に吹いた「チメク」の風が韓半島(朝鮮半島)を熱くした。現代経済研究院はペ・ヨンジュンの韓流の経済効果を約3兆ウォンと推算したが、チョン・ジヒョン効果はそれよりはるかに大きくなる可能性がある。中国との因縁説も悪くない。本人はずっと否定しているが、実名がワン・ジヒョンであるチョン・ジヒョンは、絶えず華僑説に苦しめられた。中国のチャイナドットコムは最初から「チョン・ジヒョンは中国血統」とも報道した。創造経済の突破口も中国にある。

3つ目、自分のことで勝負する。壊れ気味の女優役チョン・ジヒョンは、ぴったり合った配役を演じた。芸能企画会社の関係者は「今までチョン・ジヒョンは他人の服を着ていた。今は私服を着て自分の実力を発揮した」と話した。韓国経済は今まで他人のものをまねることで大きくなった。いわゆるファースト・フォロワー(fast follower)、2番戦略だ。これからは自分のものではなくてはいけない。ファースト・ムーバー(first mover)、先導者にならなければならない。自分の服、自分のものこそ世界に通じる力だ。

4つ目、混成模倣が創造だ。混成模倣は、うまくいったものを選んで混ぜて新しい作品にする行為だ。むやみにコピーする盗作とは違う。『星から来たあなた』はこの頃成功したドラマコードを全て盛り込んだ。超能力・幻想・ファンタジー・美男・病的な演技…。さらにインディアンの呪術にかかって400年を生きた男を描いたフォックステレビドラマの盗作の是非まで。イタリアの名品デザインはどこから出てくるのか。先祖が残したローマとギリシャの傑作を幼いころから見て学んだ力ではないのか。空の下に新しいものはない。創造経済も同じだ。李明博(イ・ミョンバク)の緑色成長も入れて、金大中(キム・デジュン)のベンチャー活性化も盛り込めばいいのだ。創造が特別なものだろうか。成功すれば創造で、できなければ滅亡なのである。

イ・ジョンジェ論説委員・経済研究所研究委員
【コラム】韓国人気ドラマから学ぶ創造経済(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP