주요 기사 바로가기

韓国お見合い番組『チャク』の悲劇…「放送されたら韓国で生きていけない」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.06 09:23
0
遺族や知人らはJさんが撮影に耐えられなくなったと伝えた。母親(53)は「選ばれることができず、心の苦痛が大きかった」と話した。撮影途中にカカオトークなどでJさんと対話した高校の同窓生(30、女性)は「ほかの人はカップルになって自分は1人でいるのに、ずっと(カメラが)ついて回って人格的な侮蔑を感じていたといった。よく寝られず、すごく辛かったそうだ」と伝えた。

Jさんはまた別の友人との通話でもこのように話していた。「悲恋の主人公のキャラクターとして捉えられた。お手洗いの前までついてきてカメラを向けられた。内容があまりにも私をターゲットにしている。PDに別途に編集してほしいと話さなければならない」。カカオトークを受けた友人は「(Jさんが)人格的に、女性として辛かったようだ」と付け加えた。

『チャク』に出たことがある女性は、中央日報紙との電話で「自殺のニュースを聞いて、そんなこともありうると思った」として「後になれば何でもないという気がするが、撮影当時に好きな人とうまくいかなければ憂うつになって感情が高ぶる」と話した。

 
SBS側は「亡くなったJさんは終始、穏やかに録画に臨んでいて心理的圧迫を受けていたとは判断できなかった」として「警察の調査結果を見て制作スタッフの責任の有無を決める」と話した。

警察は撮影内容が入ったメモリーカードを確保して撮影過程を分析している。警察側は「無理な撮影強要があったとすれば制作スタッフを司法的処理をする可能性もある」と話した。

西帰浦で撮影した内容は『チャク70期』で今月末に放送予定だった。しかしSBSはこれを放映しないことにした。すぐに5日夜の放送分もロシアとアルメニアのワールドカップ評価試合に変えた。番組自体を打ち切りにするかについても検討中だ。ある過去の出演者は『チャク』のインターネットカフェに「参加された方々は、社会では経験できない数多くのストレスを受けるということに共感する」としながら「打ち切りにするのが正しい」という意見を上げた。

SBSはこの日、謝罪文を出して「深い遺憾の意を表明する。遺族の皆さんに心より深い哀悼の言葉を申し上げる」と明らかにした。


韓国お見合い番組『悃ャク』の悲劇…「放送されたら韓国で生きていけない」(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP