주요 기사 바로가기

オバマ大統領の4月の訪韓が決定…韓国政府の外交戦が通じた(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.13 08:46
0
オバマ米大統領が4月末に韓国を訪問する。米政府当局者は12日(現地時間)、「ホワイトハウスが早ければ今日中にオバマ大統領のアジア歴訪日程を公式発表すると聞いている」とし「訪問国には韓国とともに日本も含まれた」と述べた。オバマ大統領は4月23日、1泊2日の日程で日本を訪問した後、韓国も訪問する予定だと、この当局者は伝えた。

オバマ大統領は昨年10月、連邦政府機関の部分業務停止(シャットダウン)事態でアジア訪問対象国に含めたフィリピンとマレーシアを訪問できなかった。このため4月にフィリピン・マレーシアとともに日本を訪問することを検討していたが、安倍晋三首相の靖国神社参拝をきっかけに韓国も訪問すべきだという世論に直面した。結果的に日本国賓訪問日程を2泊3日から1泊2日に減らし、韓国を訪問国に含めることにしたのだ。

外交部の関係者も「(オバマ大統領の訪韓に関し)米国との話が非常にうまくいった」とし、両国の歴訪日程合意が最後の段階に達したことを示唆した。政府はその間、オバマ大統領が韓国を抜いて日本を訪問する最悪の状況を防ぐため、さまざまなチャンネルを通じて米政府を説得してきた。バイデン米副大統領が昨年12月5日に訪韓した当時、韓国政府は北朝鮮の核問題解決や不安定な北東アジア情勢などについて議論するためにオバマ大統領の訪韓と最高位級の会談が必要だという点を強調した。その10余日後に金奎顕(キム・ギュヒョン)第1次官が訪米した当時には、張成沢(チャン・ソンテク)処刑という事件があり、危険な北朝鮮のリーダーシップに圧力を加えるためにもオバマ大統領が訪韓すべきだという韓国側の声がさらに強まった。
オバマ大統領の4月の訪韓が決定…韓国政府の外交戦が通じた(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP