주요 기사 바로가기

韓国のハンファ建設、サウジ1兆ウォンプラント工事受注

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.07 14:15
0
イラクでソウル盆唐(プンダン)規模の新都市を建設しているハンファ建設が、サウジアラビアで大型プラント工事を受注した。ハンファ建設はサウジアラビアの国営鉱業会社などが発注した9億3500万ドル(約1兆ウォン)規模のリン酸生産設備の加工プラント工事の契約を締結したと6日明らかにした。このプロジェクトはサウジアラビアのアブドラ国王が推進する計66億7000万ドルの次世代開発事業の一環だ。採掘し、リン酸・硫酸の生産設備とリン酸を原料とする肥料生産設備を建設する9つの工区のうち最も大きな工区をハンファ建設が担当する。

サウジアラビア北部のヨルダン・イラク境界地域であるウム・ウアルに年間150万トンのリン酸生産設備を建設する。ハンファ建設が設計・購買・施工を担当して2016年下半期に完工予定だ。ハンファ建設のイ・グンポ社長は「これまでサウジをはじめとする中東地域のプロジェクトを支障なく遂行したノウハウを認められた」と話した。相次ぐ大規模事業の受注でハンファ建設の海外建設受注累積額は今回のプロジェクトを含めて140億ドルを達成することになった。売り上げのうち海外比重も大きくなった。

昨年の全体売り上げ4兆ウォンの中で海外が44%にあたる1兆8000億ウォンを占めた。ハンファ建設は2015年までに海外売り上げを65%まで高める計画だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP