주요 기사 바로가기

韓国GS建設、トルコで10億ドルのプラント工事受注…日本の伊藤忠と共同で

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.22 10:26
0
韓国のGS建設はトルコ製油プラント工事を10億3700万ドルで受注したと21日明らかにした。

トルコ国営企業と民間企業が共同出資したSTAR(Socar & Turcas Aegean Rafineri)が発注したこのプロジェクトは、イスタンブールから南西340キロ離れたイズミル地域に、1日平均21万バレルの精油を精製できるプラントをつくる工事だ。

スペインのTR・イタリアのサイペム・日本の伊藤忠商事と共同で進め、総工事費は34億5600万ドルだ。GS会社はナフサ・灯油の脱硫工程およびその他の付帯施設の設計・資材購入・工事を担当する。工事期間は51カ月(試運転6カ月)だ。GS建設は2002年からトルコで製油プラント工事を着実に進めてきた。イズミルDHPプロジェクト、イズミットDHRPプロジェクト、クルッカレDHP-CCRプロジェクトなどだ。今回のプロジェクトは昨年トルコにイスタンブール支社を設立した後初めての受注だ。

GS建設プラント事業のホ・ソンヘン本部長は「欧州・日本の競争会社との共同受注に成功し、競争緩和を通した収益性向上に成功した」として「今回のプロジェクト受注は、トルコはもちろん東欧州市場進出の足掛かりになるだろう」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP