주요 기사 바로가기

【時視各角】新興国よりIMFの方が大きな危機だ=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.03 13:14
0
今回の事態はFRBの量的緩和縮小に触発された。米国は「米経済の正常化過程」としながら、「新興国の不安は内部問題」と線を引いた。米メディアも「新興国の不安は経済問題ではなく政治危機」としている。今後FRBが量的緩和縮小の速度を高めることは明らかだ。量的緩和縮小が終われば金利引き上げが残っている。米国、欧州、日本は自国の利益が優先であり決して慈悲を施す国ではない。

振り返れば韓国より規模の大きいブラジル(7位)、ロシア(8位)、インド(11位)、メキシコ(14位)は定期的に通貨危機が繰り返されている。すべてドル、ユーロ、円通貨圏でないということが共通点だ。幸い韓国は純債権国で経常収支黒字、外貨準備高も豊富にある。だが、ウォンの悲しい境遇を考えれば通貨危機は避けてみるのが最善だ。さらに金利が上がれば状況は変わる。いつそれぞれ1000兆ウォンを突破した個人負債と国の負債(公共機関含む)が信管になるかもわからない。

冷静に見れば新興国よりこれまでのダブルスタンダードでIMF自体がより大きな危機に直面した感がある。IMFの理論的リーダーシップは致命傷を受けて久しい。最後の大金持ちではなくグローバル高金利金融業者と見なされる雰囲気だ。以前のように殺人的な高金利と緊縮財政を素直に受け入れる国も多くない。IMFからグローバルスタンダードに合うよう同一のものさしを突きつけなければならないだろう。そうでなければいつでも反資本主義運動の標的になりかねない。HQ2の建物を見ながら横目でにらむ韓国のようにだ。

イ・チョルホ首席論説委員
禁時視各角】新興国よりIMFの方が大きな危機だ=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP