주요 기사 바로가기

<サッカー>あと2日間…朴主永の韓国代表復帰は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.30 10:09
0
29日(日本時間)、米サンアントニオ・アラモドーム。韓国代表-メキシコ代表のサッカー親善試合(30日午前11時)を控え、記者会見が行われた。試合を目前にしながら、今回の合宿に参加していない選手が話題になった。欧州の冬の移籍市場の締切日(2月1日)が迫っている朴主永(パク・ジュヨン、29、アーセナル)だった。

洪明甫(ホン・ミョンボ)韓国代表監督(45)は「今まで待ってきたが、あと2日間だけ待ってみる。最後まで待って判断する」と話した。「所属チームで出場してこそ代表チームにも選抜する」という洪監督の原則をそのまま適用する場合、朴主永は代表から外れる。

朴主永が今季出場したのはわずか1試合。昨年10月、カップ大会で13分間グラウンドを踏んだ。アーセナルのベンゲル監督は25日、「朴主永にけがはない。獲得意思を示した球団もない」と述べた。昨年秋にウィーガンにレンタルされる機会があったが、朴主永はこれを拒否し、ベンゲル監督から憎まれている雰囲気だ。

アーセナルにいながらポジションを獲得できる可能性はほとんどない。一部のファンは朴主永に対し「アーセナルのベンチに座ってサッカーを見物し、年俸をもっていく観光客」と皮肉っている。

にもかかわらず、朴主永が度々話題になるのは洪監督との特別な縁のためだ。洪監督は2010年アジア競技大会で朴主永をワイルドカードに選んだ。2人が呼吸を合わせた最初の大会だ。韓国は準決勝に敗れたが、3位決定戦で勝って銅メダルを獲得した後、朴主永は洪監督に抱かれながら涙を流した。朴主永は「サッカーを離れて、人生を生きていく方法を学んだ」と語った。

洪監督は2012年6月のロンドンオリンピック(五輪)を控え、朴主永が兵役逃れ疑惑に苦しんでいると、記者会見に同席し、「朴主永が軍隊を行かなければ私が代わりに行く」と言いながら自ら盾になった。お互いに対する信頼が深い。ロンドン五輪当時も朴主永はアーセナルでベンチに座っていたが、韓国代表では主力としてプレーし、銅メダル獲得に寄与した。

しかし今回は容易ではない。26日に韓国代表のトップ金信旭(キム・シンウク、26、蔚山)はコスタリカとの親善試合、池東源(チ・ドンウォン、23、アウクスブルク)はドルトムント戦でゴールを決めた。洪監督は「今は五輪当時とは違う」とし、朴主永に早く新しいチームを見つけるよう強く勧めている。

水面下で朴主永も自ら移籍先を物色した。朴主永の側近は「朴主永は洪監督に報いるために年俸削減も覚悟してチームを探している。もう一度、最後の逆転に挑戦している」と伝えた。朴主永は2008年(ソウル→モナコ)、2011年(モナコ→アーセナル)、2012年(アーセナル→セルタ・ビーゴ)欧州移籍市場の締切日に劇的に新しいチームを見つけた。しかし朴主永をめぐる移籍市場の条件は良くない。事実上2年半も出場機会を得られていないうえ、給料も高い朴主永は市場で「甲」でなく「乙」だ。

朴主永の側近は「ドイツとフランス、トルコのチームが朴主永獲得を進めたが、決裂する可能性が高い。欧州の中小リーグ、ポルトガル、ギリシャ、ベルギーのチームと交渉している。これがうまくいかない場合、中国や中東のチームも考えている」と伝えた。

移籍が実現すれば、洪監督は3月のギリシャ戦に朴主永を呼ぶと予想される。朴主永は2018年ロシアワールドカップ(W杯)開催時には33歳になっている。朴主永は生涯3度目で最後になるかもしれないブラジルW杯に出場できるのか。残された時間は48時間だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>あと2日間…朴主永の韓国代表復帰は?

    2014.01.30 10:09
    뉴스 메뉴 보기
    2010広州アジア競技大会と2012ロンドンオリンピック(五輪)で、朴主永(パク・ジュヨン、右)は洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が最も信頼するFWだった。しかし朴主永がアーセナルを離れて新しいチームを探さなければ、ブラジルW杯から外れる可能性が高まる。(写真=中央フォト)
    TOP