주요 기사 바로가기

<サッカー>日本代表が香川を呼ぶように…韓国代表も朴主永を招集すべき

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.09.11 16:04
0
朴主永(パク・ジュヨン、28、アーセナル)と香川真司(24・マンチェスター・ユナイテッド)はイングランドの舞台で同じ悩みを抱えている。リーグで1分もプレーできず、競技感覚が落ちた。レンタルから帰ってきた朴主永の状況は最悪だが、香川の立場も良くない。

しかし9月のAマッチデーで両選手の状況は完全に違った。ザッケローニ監督はマンUで試合に出場していない香川真司を代表チームに呼んだ。そして2回の親善試合にすべて出場させ、試合感覚を押し上げた。香川は10日のガーナ戦で速いテンポのシュートを決め、日本の3-1の勝利に貢献した。

一方、朴主永は韓国代表チームに招集されなかった。洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が「試合でプレーしていない選手は呼ばない」という原則を強調したからだ。

これに関し金皓(キム・ホ)日刊スポーツ解説委員は「ワールドカップ(W杯)で起用しない選手ならまだしも、朴主永の力はすでに検証されている。今回の代表チームに選んでコンディションを引き上げるべきだった」と主張した。

「李根鎬(イ・グノ)と具滋哲(ク・ジャチョル)の組み合わせが現在の韓国代表で最高の選択」と説明した金皓解説委員は「それでも朴主永はW杯で交代メンバーとしてでも活用できる」とし「所属チームで活躍できなければ代表チームで体を作らなければいけない」と説明した。

実際、金皓解説委員は1994年米国W杯を控え、所属チームで負傷と不振で試合に出場していなかった黄善洪(ファン・ソンホン)と金鋳城(キム・ジュソン)を代表チームに呼び続け、コンディションを引き上げた経験がある。黄善洪は1994年W杯で韓国の主砲として活躍し、ドイツ戦で得点した。金鋳城も主力で活躍し、代表チームの力になった。

2010年南アフリカW杯を準備していた許丁茂(ホ・ジョンム)元監督も当時スコットランドのセルティックで出場機会が少なかった奇誠庸(キ・ソンヨン、24、サンダーランド)を代表チームに呼び続け、本大会にうまく活用した。奇誠庸は代表チームで自信をつかみ、セルティックで主力となった後、イングランドプレミアリーグの舞台にも進出した。

金皓解説委員は「代表チームで良い活躍をすれば、朴主永の獲得を望むチームも増えるはず。新しいチームを探すのに役立つだろう」と語った。

洪明甫監督もクロアチア戦の後、「朴主永と話をして状況をチェックしてみる」と述べ、10月のブラジルとの親善試合には朴主永を招集する可能性を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>日本代表が香川を呼ぶように…韓国代表も朴主永を招集すべき

    2013.09.11 16:04
    뉴스 메뉴 보기
    朴主永(パク・ジュヨン、28、アーセナル)。
    TOP