주요 기사 바로가기

<フィギュア>17歳の2人の少女、当時のキム・ヨナ並みの点数(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.27 11:32
0
未来の“フィギュア女王”を夢見るキム・ヘジン(17、果川高)とパク・ソヨン(17、シンモク高)のシニア初の国際大会は“合格”だった。キム・ヨナ(24)とともに来月ソチ冬季オリンピック(五輪)に出場する2人の有望株に対する期待が高まっている。

キム・ヘジンは25日、台湾・台北で行われた国際スケート競技連盟(ISU)四大陸選手権大会の女子シングル・フリーで技術点(TES)57.98点、芸術点(PCS)51.38点の計109.36点をマークした。23日のショートプログラム(SP)で57.48点を受けたキム・ヘジンは合計166.84点で6位に入った。

パク・ソヨンはフリーで106.80点(技術点53.14点、芸術点53.66点)を受け、SP(55.91点)と合わせて合計162.7点で9位だった。両選手ともに自己最高点をマークし、参加選手21人のうち上位圏に入った。この大会の優勝は、先月の全日本選手権で浅田真央(24)を抑えて2位になった村上佳菜子(20、196.91点)だった。

キム・ヘジンとパク・ソヨンのシニアデビューは8年前のキム・ヨナの成人舞台進出とオーバーラップする。キム・ヨナは満16歳だった2006年11月、カナダで開催されたISUグランプリ(GP)シリーズ第4戦でシニア国際大会にデビューした。当時キム・ヨナは合計168.48点(SP62.68点、フリー105.80点)で3位だった。キム・ヘジンとパク・ソヨンの順位は、キム・ヨナのシニア初大会の順位より低いが、160点を超えた点数に希望が見える。
<フィギュ䆃>17歳の2人の少女、当時のキム・ヨナ並みの点数(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>17歳の2人の少女、当時のキム・ヨナ並みの点数(1)

    2014.01.27 11:32
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ソヨン(左)、キム・ヘジン
    TOP