주요 기사 바로가기

「ショート衣装論争」に対するキム・ヨナの反応は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.12.09 17:28
0
「フィギュアクイーン」キム・ヨナ(23)が新しいシーズン衣装論争に対して口を開いた。

キム・ヨナは9日、ゴールデンスピン・オブ ・ザグレブ大会を終えて仁川(インチョン)国際空港から帰国した。キム・ヨナはソチ冬季オリンピック前の初めての実戦舞台として、クロアチアのザグレブで開かれたゴールデンスピン大会を選び、新しいプログラムを実戦舞台で点検した。キム・ヨナはショート・フリー合計204・49点を記録して無難にトップに上がった。ジャンプで失敗したが、豊かな感情表現と演技力で歴代最高水準の作品性にあふれたプログラムを披露した。

今回の大会でキム・ヨナの演技と同じぐらい話題を集めたのが衣装だった。キム・ヨナはショートプログラムではビーズで装飾された薄緑色が漂う濃い黄色のドレスを公開した。さらにフリーでは黒色の長袖ドレスに前部分がビーズで装飾されたオールブラックの衣装を着て演技を披露した。キム・ヨナのマネージメント社であるオールザットスポーツ側は「2つの衣装は両方とも昨シーズンに続き韓国人デザイナーのアン・ギュミ氏が手がけ、キム・ヨナと十分に相談をして作った」とした。

しかしキム・ヨナのショートプログラムの衣装をめぐって一部のフィギュアファンたちは「やぼったい」「たくあんみたいだ」という皮肉をもらした。彼らの一部は衣装デザイナーであるアン氏が運営する会社のホームページに抗議の文を掲載してダウンさせるなど不満をぶつけていた。

これに対してキム・ヨナは帰国後の記者会見で「不便な部分は修正するだろうが、全体的に修正はしないつもり」と明らかにした。キム・ヨナは「衣装は重要ではない。それよりも競技力が最も重要だ。衣装にあまり関心を持たなくてもかまわないと思う」としてファンたちを促した。むしろキム・ヨナがショートプログラムを繰り広げた後、別のファンたちは「キム・ヨナはすべての服を着こなせる」「見れば見るほど大丈夫だ」という反応も続いた。

キム・ヨナは来月、総合選手権の出場を検討するという意も明らかにした。「いくら練習が上手くいっても実戦経験が重要だ。昨シーズンも総合選手権でフリープログラムをしっかりやって自信を持って世界選手権に臨んだ」としながら「まだ決めたことではないが、もし(大会に)出るなら総合選手権が時期的にいい」と話した。総合選手権は来月3日から3日間、京畿道高陽(キョンギド・コヤン)のオウルリムヌリスケートリンクで開かれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ショート衣装論争」に対するキム・ヨナの反応は?

    2013.12.09 17:28
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヨナ(23)
    TOP