주요 기사 바로가기

<サッカー>朴智星は韓国代表に戻らない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.23 13:31
0
「智星はすでに3年前に引退した」。朴智星(パク・チソン、33、アイントホーフェン)の父パク・ソンジョンJSファウンデーション常任理事が22日、中央日報との電話で話した言葉だ。朴智星の韓国代表復帰とブラジルワールドカップ(W杯)出場は事実上難しいという宣言だ。

洪明甫(ホン・ミョンボ)韓国代表監督が「朴智星に直接会って意見を聞いてみる」と復帰論に火をつけたが、朴智星の気持ちは変わらないと予想される。

朴智星は2011年2月に行われたアジアカップを最後に代表引退を宣言した。「3年前に引退した」というパクさんの言葉は、柔らかい発言であると同時に冷たい拒否だ。趙広来(チョ・グァンレ)氏、チェ・ガンヒ氏ら元代表監督も朴智星の復帰を打診したが、朴智星は断固拒否している。

朴智星は2002韓日、2006ドイツ、2010南アフリカW杯ですべて得点した。ファンは今回も朴智星が劇的に復帰し、W杯4大会連続ゴールを決め、韓国を16強以上に導くドラマを望んでいる。

しかし朴智星は引退した後、一度も代表復帰に関心を見せたことはない。今回も同じだ。すでに朴智星チャリティーマッチを5月31日と6月1日にインドネシアやマレーシアで開催することを進めている。最近の朴智星の悩みは代表復帰ではなく、「W杯のためにチャリティーマッチに出場する選手の構成が難しい」ということだ。朴智星側はスペインFCバルセロナのユースチームでプレーするイ・スンウ(16)に大会出場を打診したりもした。

代表チームの時計を逆に回さないという考えも変わらない。パクさんが「W杯には最高の選手たちが出るべき」と話した。自分の息子に「今は最高の選手でない」と言うのと変わらないが、パクさんはかまわず話を続けた。「智星がプレーするところは欧州でもビッグリーグではないオランダリーグ。ここで少しよいからといって、または、以前によかったからといって、代表チームにまた入るのは正しくない」と話した。

朴智星がこなせるポジションは左右サイドFW、セカンドトップ、守備型MFなど。朴智星が入れば、孫弘敏(ソン・フンミン、22、レバークーゼン)、李青竜(イ・チョンヨン、26、ボルトン)、奇誠庸(キ・ソンヨン、25、サンダーランド)、金甫ギョン(キム・ボギョン、25、カーディフシティ)、具滋哲(ク・ジャチョル、25、マインツ)のうち一人がベンチに入る。

朴智星は2011年に引退する際、「試行錯誤もあるだろうが、私が抜ければそのポジションでより良い選手が出てくるはず」と語った。その言葉が現実となり、韓国代表MFにはビッグリーグでプレーする選手が次々と育った。朴智星が自分の言葉を覆して代表に復帰すれば、活躍して当然、期待以下ならこれまで積み上げた実績まで一瞬にして台なしにする可能性もある。

パクさんが「後輩が(W杯本大会進出まで)すべて作りあげたところに智星が出ていくことについて負担がある」と話した背景だ。
<サッカー>朴智星は韓国代表に戻らない(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴智星は韓国代表に戻らない(1)

    2014.01.23 13:31
    뉴스 메뉴 보기
    朴智星の代表復帰説は“説”で終わる見込みだ。朴智星の父は「智星はすでに3年前に引退した」と語った。息子の代表復帰とブラジルW杯出場は事実上難しいという宣言だ。[中央フォト]
    TOP