주요 기사 바로가기

<フィギュア>キム・ヨナの新たな脅威? 10代の200点少女たち(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.20 09:09
0
カナダの期待の星であるオズモンドは、11日に開かれたカナダ選手権で合計207.24点でトップに上がった。昨年のカナダ選手権で個人初優勝をした合計201.32点よりも高い点数だ。ジュニア時代には特別な成績を出せなかったオズモンドは、2012年10月グランプリ2次大会のスケートカナダで176.45点で初めてシニア大会のトップに上がった後、カナダの看板に浮上した。

ゴールドとオズモンドは自国の大会で200点を突破しており過大評価を受けたという話もある。しかし3人の選手は全て明確な長所を持っており、物おじしない10代という点がキム・ヨナを威嚇できる要素だ。

リプニツカヤとゴールドは、ジャンプの技術が良い。キム・ヨナの主特技であるトリプルルッツ+トリプルトーループのコンビネーション・ジャンプ(基本点数10.10点)を全てできる。オズモンドは力とリズム感あふれるプログラムを披露できる能力がある。

もちろんジャンプの高さや速度、表現力、プログラム完成度など全般的な面でキム・ヨナが断然優れている。今回のシーズンショート・フリープログラムの構成点数(PCS・芸術点数)ではキム・ヨナが10代新鋭たちよりも高かった。SBSのパン・サンア解説委員は「最近浮上してきた選手たちは大会ごとに波があるという短所がある。若い選手たちよりも技術・演技力などすべての面で良いキム・ヨナが十分に先んじていると見る」と展望した。
<フィギュア>キム・ヨナの新たな脅威? 10代の200点少女たち(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP