주요 기사 바로가기

ソチの恐怖…五輪控えたロシア、相次ぐテロで30人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.31 11:19
0
2014年ソチ冬季五輪まで6週間も残っていない中、ロシア南部の都市で2日連続で爆弾テロが発生した。20年以上にわたり抵抗を続けてきた北カフカス地域のイスラム反乱軍勢力がソチ五輪を控え総力攻勢に出たのではないかとの懸念が出ている。

ロシアのリアノーボスチ通信などは、30日午前8時10分ごろにロシア南部の都市ボルゴグラードでバスが爆発し、少なくとも14人が死亡し20人余りが負傷したと報道した。ロシア連邦捜査委員会は、「自殺爆弾テロ犯の仕業とみられる」と明らかにした。また、「今回のテロに使われた爆弾は前日に鉄道駅攻撃に使われた爆弾と似ている」として、2つの事件の関連性を提起した。

前日午後0時45分ごろ、ボルゴグラードの駅では自爆テロによる爆発で最低17人が死亡し40人余りが負傷した。連邦捜査委員会は爆発物の威力をTNT10キログラム分と説明した。当初テロ犯は北カフカスのダゲスタン連邦自治共和国出身の20代の女性と確認したロシア当局は、その後男性が自殺爆弾テロを起こしたとみられると訂正した。インターファックス通信は、「テロ犯の近くに遠隔で爆破された爆弾を持っていた女性もいた」と報道した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP