주요 기사 바로가기

欧州初の韓国系閣僚ペルラン氏、「私は天才を模倣する普通の人」(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.01.19 12:17
0
ペルランは16歳でバカロレア(フランスの大学入学資格試験)に合格した。フランス商経系名門に挙げられるエセック経済商科大学院大学と高位公務員養成学校である国立行政学院(ENA)を卒業した。夫のローラン・オレオンも国立行政学院を卒業した高位公務員だ。ペルランのENA卒業成績は上位15%に入り、彼女は希望した機関である監査院に入り公職生活を始めた。そして2002年に当時社会党の大統領候補だったリオネル・ジョスパン元首相の補佐役として政界に入門した。

2010年にはオランド大統領と事実婚関係にあったセゴレーヌ・ロワイヤルが大統領候補として出馬した当時メディア担当を務めた縁もある。米国のあるファッションメディアは、「フランスの女性閣僚らがファッションの歴史を再び書く」というタイトルの記事で、彼女が真っ赤なリップスティックにミニスカート、ハイヒールを履いて出勤する写真を載せたりもした。

 
オランド大統領が彼女に任せた分野は中小企業・イノベーション・デジタル経済だ。オランド大統領に対してペルランは「自身の目標のためにすべてのエネルギーを注ぎ込む人」と尊敬心を示した(インタビューはオランド大統領のスキャンダルが出てくる前に行われた)。

――閣僚を務めている分野のひとつであるデジタルに対しては韓国を省けないが。

「まさにそのために韓国とフランスは通じ合う問題が限りない。韓国はデジタル経済時代の先頭走者ではないか。韓国のITは韓国の経済復興の主役で、世界に韓国を知らせる広報大使の役割を正確に担っている。フランスにも前途有望なベンチャー企業が多いので両国が強力な協力関係を構築できるものと自信を持つ」

――デジタル以外に韓国料理のように文化で韓国が通じ合える可能性はどのように見るか。

「韓国料理もやはりフランスだけでなく欧州と韓国との重要な架け橋の役割をできるだろうとみる。文化、その中でも料理と食文化は基本中の基本だ。2016年が韓仏修交130周年であるだけに両国の文化交流はさらに急増するだろう」

――今年で10回目を迎えたCICIの飛び石賞受賞者に選ばれた感想は。

「この質問には英語で答える。もちろん個人的に大きな光栄であり誇らしい。(出張と国政日程上)光栄な席に同席できず残念だが、近く韓国を再訪問する機会があると信じている。訪韓時は忙しくて行けなかったカラオケにも必ず行ってみたい(笑)」。

CICIは2005年から毎年韓国を世界に知らせた人物・事物を選定して「踏み石賞」「飛び石賞」「花石賞」を授与してきた。韓国のイメージを世界に広く知らしめた人物と事物に贈られる「踏み石賞」の受賞者には潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、指揮者の鄭明勲(チョン・ミョンフン)氏らがいる。今年の踏み石賞はサムスンのギャラクシースマートフォンが選ばれ、サムスン電子のイ・ドンジュ社長が賞を受け取った。特別賞に当たる「花石賞」は欧州を舞台に活躍してきたジャズボーカリストのナ・ユンソン氏が受賞した。ナ氏はこの日の行事で「アリラン」だけでなくフランスの国民的シャンソン曲の「行かないで(Ne Me Quitte Pas)」を歌い、出席者の心をつかんだ。

このほかソン・キム駐韓米国大使、別所浩郎駐韓日本大使ら48カ国の大使、モ・チョルミン青瓦台(チョンワデ、大統領府)教育文化首席秘書官、韓昇洙(ハン・スンス)元首相ら現職・前職公職者、李人用(イ・インヨン)サムスン未来戦略室社長、具滋薫(ク・ジャフン)LIG文化財団理事長ら財界関係者が参加した。(中央SUNDAY第358号)




欧州初の韓国系閣僚ペルラン氏、「私は天才を模倣する普通の人」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP