주요 기사 바로가기

孤児として戸籍偽装され海外へ養子に…悲劇を繰り返すな(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.27 11:02
0
◇市民権申請せず不法滞留者として暮らす

不遇な環境で育ちながら彼は自然に闇の道へと進んでいった。成人した後軍隊に志願入隊した。93年から3年間イラクに駐留した。湾岸戦争が終わりイラク再建事業に投入された。除隊後トラック運転手として働いていた2001年のある日、彼は友人から頼まれた貨物を配達したが、その中に麻薬が入っていた。麻薬運送疑惑で逮捕された彼は4年間監獄生活をした。この時の調査過程で彼は自身が米国人でないということを初めて知った。ハン氏を調査した移民局職員は「毎週外国人保護所では数十人の韓国から来た養子が不法滞在者として調査を受けている」と話す。

服役を終えたハン氏は不法滞在者の犯罪経歴の烙印が押され集中管理対象になった。出所後も6カ月に1回ずつ移民局にきて申告をしなければならなかった。この義務を3年以上守った彼は、2008年8月に移民局への申告義務をたった1度だけ破った。ハン氏は結局強制追放された。

24日に韓国はハーグ条約に正式に加盟した。この協約は海外養子縁組に国同士の協力の必要性が提起され93年5月にオランダのハーグ国際司法会議で正式に採択された。韓国を含む91カ国が加盟している。戸籍を操作して子どもを海外へと養子縁組させる「孤児輸出国」という汚名を脱ぐ契機が用意された。韓国政府は協約加盟のために事前準備作業をした。昨年8月に養子縁組特例法を変えてシングルマザーの子どもも出生申告を義務化し、養子縁組まで7日間の熟慮期間を置いた。養子を送るには裁判所の許可を受けなければならない。

◇成功した養子は少数、ほとんどが空回り

協約は養子縁組を最後の手段として考えるよう強調する。まず出生国の家庭(委託家庭含む)で保護することを勧告する。やむをえず養子に出す場合も国内が優先だ。海外への養子縁組が行われる時は、両国政府は養父母が子どもきちんと育てられるかを検証し、養子の国籍取得を保障する。養子縁組全般に国が責任を取り管理するものだ。例えば米国へ養子に出すには韓国の保健福祉部と米国の国務省が責任を負う。政府は養子縁組特例法を追加で改正しこうした手続きを盛り込んで2年後に国会で批准を受ける予定だ。

これまで多くの養子が「より良い人生のために」という合理化の中で海外に送り出されていった。韓国は韓国戦争以来16万5000人の養子を米国やスウェーデン、フランスなど9カ国に送った。2000年代初めでも1年に2000人を超える子どもが海外へ養子に出されたが、昨年は755人に減った。

このうち一部はフランスのプレル・ペルラン中小企業・革新デジタル相のように良い環境で成長したが、モントのようにそうではない場合もある。韓国に帰ってきてルーツを見つけられず背信と剥奪感を抱いて戻る養子もいる。どちら側からも歓迎されない異邦人だ。こうしたことがないようにしようというのがハーグ条約の精神だ。最小限の人倫的道理に関する約束だ。
孤児として戸籍偽装され海外へ養子に…悲劇を繰り返すな(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP