주요 기사 바로가기

日本より不利な「韓印CEPA」に手を加える(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.17 09:59
0
両首脳は共同声明ですでに仮署名された二重課税防止協定の早急な発表のためにも必要な措置を取っていくことで合意した。これまではインド政府が韓国企業を税務調査をする場合にも適当な調整案がなく、両国から税金を出さなければならなかった。しかしこの制度が導入されれば税制上の「爪の下のとげ」が取り除かれる見通しだ。海運所得の場合、免税額を10%から100%に拡大し、利子・使用料所得に対する税率も15%から10%に引き下げられて韓国の投資家がインドで納付する源泉徴収税額が減るようにした。青瓦台関係者は「2つのケースだけでも、年140億ウォン(約13億8000万円)程度、韓国企業が恩恵を受けるだろう」と話した。このため「CEPA改善と二重課税防止協定が朴大統領のセールス外交の成果」という評価が出ている。

政治・安保分野も協力を強化することにした。このため▼韓印外交長官共同委員会の定期的な開催▼国家安保室間の定例対話の開催▼国防次官補級戦略対話の定例開催などに意見を集約した。また非核化を含む韓半島(朝鮮半島)の平和と安定維持の重要性について認識を共にしながら、国際的義務と公約に明らかに違反する北朝鮮の核開発プログラムに憂慮を表明した。朴大統領は「韓半島信頼プロセス」と「北東アジア平和協力構想」をシン首相に説明し、シン首相は「領域内の持続可能な平和と安定を達成するための朴大統領の努力を評価する」と答えた。両首脳は▼軍事秘密情報保護協定▼航空宇宙研究院-インド宇宙研究機構間宇宙協力履行約定▼韓国-インド2014~2017年文化交流計画書なども締結した。

◆朴大統領、女性政治家と互いに「オンニ」=朴大統領はスワラージ下院野党代表とアンサリ副大統領に面会し、ムカルジー大統領と国賓晩餐を共にした。朴大統領はシン首相との首脳会談後、メディア発表で「ナマステ(こんにちは)」とヒンディー語で挨拶した後「人類文明のゆりかごであり、韓国と長年の歴史的きずながあるインドを訪問することになりうれしい」と述べた。シン首相も「物理的な距離はインド、韓国民間の疎通の障壁ではなかった。古代から今まで変わることがない」と応えた。

朴大統領は代表的な女性政治家のスワラージ代表と韓国語の「オンニ(お姉さん)」呼称をめぐる冗談もやり取りした。誕生日が12日早い朴大統領が「(私が)オンニ」というとスワラージ代表が「サンキュー、オンニ」といって和気あいあいとした雰囲気を演出した。スワラージ代表は「駐韓国大使から大統領を絶賛する言葉をたくさん聞いている」とした。

◆包括的経済パートナー協定(CEPA:Comprehensive Economic Partnership Agreement)=自由貿易協定(FTA)のように市場開放を含んでいる。貿易拡大に重きを置いたFTAに比べて、政府間経済協力まで包括する点に差がある。
日本より不利な「韓印CEPA」に手を加える(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP