주요 기사 바로가기

アベノミクスが起こした金融市場の魔女、円キャリートレードが円安をあおる(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.06 10:02
0
アベノミクスが起こした“金融市場の魔女”が今年1年猛威を振るう見通しだ。円キャリートレードだ。円キャリーは日本で低金利の円資金が米国などに流れ込む現象だ。

米投資銀行のモルガン・スタンレーなどは、「今年の米国は量的緩和を縮小し、日本は量的緩和を維持する予定。両国の通貨政策差が5年ぶりに円キャリーをさらに活性化する可能性が大きい」との見方を示した。両国の金利差がさらに広がる可能性があるためだ。

すでに先週末現在で10年物国債利回りの日米の格差は2ポイント以上だ。これは2009年以降の5年間で最も大きい。円キャリートレーダーが敏感に反応するコール金利など短期資金の金利差も1.3ポイントを超えた。これもまたこの5年で最高水準だ。

両国の金利差はアベノミクスが話題になった2012年11月以降に急速に広がった。そのため眠っていた魔女(円キャリー)が目覚め活発に動き始めた。ロイター通信は3日、専門家らの話として、「米国経済が今年1年さらに活性化すれば米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和規模を100億ドルずつ7回にわたり縮小する可能性がある。そのたびに日米の金利差が広がりかねない」と予想した。金利差拡大は円キャリーのための幻想的な条件だ。日系銀行が東京資金市場で円資金を買い米国のヘッジファンドに貸すだけで金利差分の収益を得られるためだ。実際最近「米ウォール街にある日系銀行が忙しい」とブルームバーグが4日に伝えている。東京本店を通じて調達した値段の安い円資金を米国系銀行などを通じてヘッジファンドなどに貸すマネーゲームの利益が大きいからだ。


アベノミクスが起こした金融市場の魔女、円キャリートレードが円安をあおる(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アベノミクスが起こした金融市場の魔女、円キャリートレードが円安をあおる(1)

    2014.01.06 10:02
    뉴스 메뉴 보기
    円キャリートレードが今年1年猛威を振るう見通しだ。
    TOP