주요 기사 바로가기

「一等と一流国家は厳格に違う」…朴大統領、安倍首相狙い強硬メッセージ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.31 08:27
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は30日、「国際社会の普遍的価値や基準、人類社会の良心に合わない行動を繰り返すならば、いくら経済力が大きく富強な国でも決して一流国家の評価を受けることはできない」としながら「過去の歴史の傷をえぐって国家間の信頼を崩し、国民感情を悪化させる行動をしないことを願う」と話した。

この日の青瓦台(チョンワデ、大統領府)首席秘書官会議からだ。朴大統領は直接名指しはしなかったが、靖国神社を参拝した日本の安倍晋三首相を狙って「一流国家論」として強硬メッセージを伝えた。朴大統領は「一流と一等は厳格に違う」として「一等は競争で最高順位になることだが、一流は最高の品格と質を備えること」と話した。それと共に「いくら一等をとっっても、自分の行動が周辺にどんな影響を及ぼすのか推し量ることができず共同体の普遍的な価値と利益に合う道に進まなければ、決して一流という評価を受けることはできない」とも付け加えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP