주요 기사 바로가기

【中央時評】北朝鮮に芽生えるテルミドールの動き?(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.26 17:16
0
スターリンの偶像化熱風を見たトロツキーが予言したことがある。スターリン主義はロシアにテルミドールのクーデターを妊ませるはずだと。1794年7月、フランスのテルミドールクーデターはロベスピエールの没落と恐怖政治の終息をもたらした。当初はジャコバン党の内部分裂のように見えたが、結果は社会勢力の均衡に根本的な変化をもたらした政変だった。マルクスが話したように、それは「社会を救うために」フランスのブルジョアが軍隊に要請して起こしたクーデターだったのだ。ソ連でもフルシチョフのスターリン格下げ運動で始まったテルミドールの動きは、ついにゴルバチョフのペレストロイカにつながった。

いま北朝鮮でこうしたテルミドールの可能性を考えるのは非現実的かもしれない。なぜなら北朝鮮では所有階級といえるブルジョア勢力が除去されて久しく、集団化された農民がブルジョア秩序を復元するとは期待しにくいからだ。このため国家情報院が発表したように、張成沢処刑は権力内部の単なる「利権葛藤」の産物である可能性がある。

しかし共産主義社会はテルミドールの動きから決して解放されることはないことを歴史は語っている。いま市場の拡大でお金の威力がますます強まっている北朝鮮だ。ある学者は北朝鮮を「ドル化された社会」と規定する。北朝鮮の抗議で中国で禁書となった『真実的朝鮮』の著者・葉永烈も、給銭就笑、没銭就叫(お金を与えれば笑い、お金を与えなければ騒がしくなる)の国が北朝鮮だと描写している。張成沢はこうした経済勢力の成長を主導してきた張本人と知られている。処刑判決文は、「改革家」として外国との経済協力事業を通じて資本主義の悪影響を引き込むのに率先してきたと指摘している。そしてこのように集めた資金で党行政部傘下に武装した「内務軍」を率いるほどの勢力を構築したということだ。張成沢は中国のトウ小平やソ連のゴルバチョフを夢見た可能性がある。

いま金正恩は全体主義社会で流行した「汚いリネンを洗濯してしまった」で喜んでいるかもしれない。

しかし経済改革しか生きる道がない彼だ。したがって公開処刑でそのような洗濯を続けることはできない。たとえ時間はかかるだろうが、結局、よりきれいな手が新しい洗濯を準備していることを知るべきだ。張成沢事件はこうした洗濯のための北朝鮮版テルミドールの動きに芽が生えたのかもしれない。

張達重(チャン・ダルジュン)ソウル大名誉教授・政治外交学
【中央時評】北朝鮮に芽生えるテルミドールの動き?(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP