주요 기사 바로가기

天皇「平和守る憲法で今日の日本を築いた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.24 08:45
0
傘寿を迎えた明仁天皇と就任1年を迎えた安倍晋三首相が、「戦争と軍隊保有禁止」などを規定した日本の平和憲法に対し異なる方向の言及をした。

23日で80歳になった天皇の憲法関連言及は記者会見で出た。会見は18日に行われ23日の天皇誕生日に合わせ日本のメディアが大々的に報道した。天皇は日本が起こした太平洋戦争に対する所感を明らかにし、「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築いた」と強調した。平和と民主主義が日本再建の礎になったという点に言及し平和憲法の意味を再確認したものだ。天皇は続けて「戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならない」とした。

憲法に対する天皇の認識は26日で就任1年を迎える安倍首相とは違いが大きく見られる。22日にNHKの番組に出演した安倍首相は、憲法改正問題に対する質問に「私のライフワーク」と答えた。憲法改正が“一生の課題”という意味で、安倍首相は「私が何のために政治家になったのか」と反問し、「何としてもやり遂げたい」と述べた。「(次期衆議院選挙まで)3年の任期がある。この期間、日本を正しい方向に導くためにも落ち着いて政治家が仕事をしていかなければいけない」とし、急がないという前提を付けはした。だが、改憲に向け隠すことはできない意欲を改めて公開的に表わしたものと日本メディアは報道した。天皇が安倍首相と異なるニュアンスの言及をしたことが今後日本の政界の憲法改正議論に影響を与えるか関心事に浮上することになった。

天皇は会見で「80年の道のりを振り返って特に印象に残っている出来事は何か」との質問に、「先の戦争」と答えた。天皇は「戦争による日本人の犠牲者は約310万人と言われる。様々な夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましい限り」と話した。また、「私が学齢に達した時には中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、中国のほかに新たに米国、英国、オランダとの戦争が始まった。終戦を迎えたのは小学校の最後の年」と回顧した。

美智子皇后に対する感謝も直接表現した。「天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものだが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得た。皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚えた」と話した。

これで天皇は父親の昭和天皇に次いで歴代2番目に在任中80歳を迎えることになった。また、歴代天皇の長寿順位では4番目だ。それでも天皇は「できる限り役割を果たしていきたい」と公務に意欲を見せた。天皇夫妻は23日午前、皇太子夫妻らとともに皇居のベランダに立ち、一般参賀に駆けつけた市民に手を振って答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP