주요 기사 바로가기

韓国、北の突発事態に備えNSCを常設化…金正日2周忌控え“クーデター説”も(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.17 08:35
0
政府高位関係者は「金正恩(キム・ジョンウン)が表面的には北朝鮮を完全掌握したと見られるが、実際の内部事情は正確には分からないのではないか」として「北朝鮮の急変事態があるのか、でなければ内部結束のための挑発があるのかも分からない状況」と話した。

これと関連して16日、北朝鮮・中国の境界地域では「金正恩が崔竜海(チェ・ヨンヘ)総政治局長ら軍部によって逮捕された」というデマまで出回ったと情報当局者が伝えた。中国延吉に滞在中のある対北朝鮮事業家も中央日報に「北朝鮮にクーデターが起きたという話が出回っている」と知らせてきた。しかし情報当局者は「金正恩逮捕説やクーデター説は根拠がないと思われる」と付け加えた。一方で北朝鮮軍はこの日、白クリョン島(ペクリョンド)一帯に向けて「6海兵旅団に送る通告状」という題名のビラを散布して「前代未聞の破壊力を持つ打撃手段で発射準備の状態にある。我々は嘘は言わない、やるときはやる」と威嚇した。

金正日(キム・ジョンイル)総書記の2周忌を翌日に控えた16日、平壌(ピョンヤン)の「錦繻山(クムスサン)太陽宮殿」(遺体安置施設)広場では、軍将兵の忠誠を誓う会が開かれた。この行事は崔竜海(チェ・ヨンヘ)軍総政治局長、張正男(チャン・ジョンナム)人民武力部長、李永吉(リ・ヨンギル)軍総参謀長ら軍部の核心が主導した。張成沢(チャン・ソンテク)処刑事件で不明瞭な雰囲気を引きしめるための動きと解説されている。

しかし北朝鮮は昨年12月16日の1周忌には金正日追悼大会を開催してテレビでも生中継したのとは違い、今回は追悼大会を開催せず平壌権力内部に異常気流があるのではないかという解釈が相次いだ。これに対し統一部当局者は「金日成(キム・イルソン)の死去後も1周忌の時だけ命日(7月8日)の前日に追悼行事を行い、2周忌からは当日だけ行事を行った」と説明した。
韓国、北の突発事態に備えNSCを常設化…金正日2周忌控え“クーデター説”も(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP