주요 기사 바로가기

【時論】北東アジアの平和と安定が急がれる=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.18 13:25
0
北東アジア地域の平和と安定を達成するには多くの障害物を克服しなければならない。そのうちのひとつが韓半島非核化と北朝鮮問題だ。この1年を振り返ってみれば北朝鮮は長距離ミサイルを発射し、2月には国際社会の懸念と警告にも3度目の核実験をするなど挑発的な姿勢を見せた。これまで国際社会は北朝鮮問題の平和的解決のために努力を続けてきたが、現時点までに十分な成果を出せなかった。北朝鮮の核武力はますます増強され北朝鮮と国際社会は依然としてとてもぎくしゃくした関係であり、北朝鮮住民たちの生活の質改善とも関連した人権問題もまた大きく進展させることができなかったとみられる。

北朝鮮が国際社会の責任ある一員としての立場を確立しようとするなら何よりも経済再生と住民福祉向上に向けた努力が必要だ。このために北朝鮮自ら核保有戦略を再検討し経済開発に向け国際社会とさらに交流・協力しなければならないだろう。北東アジア周辺国は北朝鮮の核問題の平和的解決に向け北朝鮮の体制安保懸念をある程度認め、北朝鮮が抱いている根本的な安保・経済の問題を国際社会がともに解決していける方策を提示しなければならない。過去の包容または圧迫一辺倒の偏向した政策と戦略を見直し、新たなアプローチ法を用意する時点だ。

金正恩(キム・ジョンウン)体制が執権2年目を迎えて試みる多様な経済変化に注目すると、3者または多者間経済協力方式を通じ北朝鮮が経済発展と民生改善を国政の最優先順位に置き、国際社会と融和するよう支援することがひとつの対案になりえる。これに向け北東アジア地域の政府と国際金融機関、非政府組織(NGO)関係者と専門家らをはじめとする多様な行為者らの創造的で洞察力ある見解に耳を傾ける必要がある。


【時論】北東アジアの平和と安定が急がれる=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP